FXのレバレッジとは?ハイレバレッジの上手な使い方を解説。

レバレッジについて解説

FXでよく使われる言葉であるレバレッジですが、多くの人が勘違いしやすい用語です。

ここではレバレッジとは何か、レバレッジにおける考え方、ハイレバレッジの大切さについて解説していきます。

レバレッジとは

FXのレバレッジは、よく「てこの原理」のようなものと説明されます。

少ない力で大きな力を得られるてこの原理ですが、FXのレバレッジでは少ない資金で大きな資金を動かせると捉えると分かりやすいです。

例えば手持ちの資金10万円があったとします。最大レバレッジ888倍の会社を使用すると、最大で10万×888=8千8百8十万円分の取引が出来るという事になります。

数字だけ見たら怖いと思うかもしれません。

しかし1ドル100円程度のものを売買し、数銭から数厘単位で値段が変わっていくわけです。

例えば資金10万円ある中で、20万通貨(2ロット)でドル円を100円ぴったりで買ったとします。

するとドル円の値段が101円になった時売れば、利益は20万円になります。

ただ1円もすぐには動かないため、そんなに怖がる必要はありません。

20万通貨(2ロット)買えば、1銭(1pips)動くだけで2千円の利益です。10銭(10pips)で2万円、1厘(0.1pips)で2百円です。(手数料等は除く)

つまり、レバレッジというものはあくまで少ない資金で多くの資金を動かすためのものであり、取引時に毎回レバレッジを確認したりはしません。レバレッジをかけるという表現もあまり合わないかなと思います。

重要なのは、レバレッジよりもロット数、どれだけ買うかという事になります。

ロットを最大レバレッジギリギリまで上げたとしても、8千8百8十万円分の損をするという事はありませんのでご安心ください。

それに海外口座を使用していれば、資金が0以下になる事は無いので安心です。

当サイトではXMの口座を推奨しております。

XMの公式ページはこちら

レバレッジが高いと損も大きい?

いくら最大レバレッジが高くても、ロット数が小さければ損も小さいです。逆にロット数が大きければ損は大きくなります。もちろんそれと同時に利益も大きくなるため、どちらを取るかという事です。

つまり、ロットを上げなければ少ない資金で取引できるため、証拠金維持率と言って、証拠金を維持するための必要金額を多く保つことが出来ます。

ロット数を最大にしてしまうと、この証拠金維持率が少なくなります。

証拠金維持率が20%以下になると強制的に損切り決済(ロスカット)されてしまいますので、そうならないように、ロット数は上げすぎないようにするといいです。

ただ、ここぞという時には力を発揮しますので、やはりレバレッジの高い会社の方が資金効率の面で優れているといえるでしょう。

ハイレバの上手な使い方

やはりロットを上げてのハイレバレッジトレードは、リスクも大きいですがリターンも大きくなりますFXにはこのリスクをコントロールできる、ストップロスという機能が備わっています。これはバイナリーオプションでは出来ない機能です。

ここまで利益が減ったら損切りするという値段をあらかじめ設定することが出来ます。

そのため、一番利益が減らなそうなポイントに絞って大きなロットを張ることで、利益が大きくなり、勝率も高ければ理論上勝つことが出来ます。しかも短期間のうちに稼げます。

もしくはここぞという時に買い、そのまま放置し、そのまま損切りラインまで下がらずに上昇していけば、かなりの利益が得られるでしょう。

やはりハイレバレッジで損失を引き伸ばしてしまったり、また上がるだろうと含み損を抱えたまま放置しておくと損失は大きくなってしまうので、必ず損切りラインを設定しておくという事を忘れなければ、一発で大損するという事はまずないでしょう。

メンタル面では

ハイレバで一番気を付けたいのがメンタルでしょう。

多くのロット数を持っているとやはりそれなりの緊張感はあります。

そして利益も大きい事から、利益を期待しすぎてしまいます。

それでまだ上がるだろうと長い時間持っていて、結局損切りラインに引っかかってしまったら、元も子もありません。

利益確定ラインもあらかじめ決めておく、もしくはある程度利益が出たらトレーリングストップ機能を使うといいです。この機能を設定しておくことで、利益が出てある程度下がってきたら自動で決済してくれるという事が可能です。

あとは連敗した時にメンタルがボロボロになりかねないという事です。

ある程度余裕のある資金で行うという事と、一日に何度もやりすぎないという事が必要です。

これらのことに気を付けつつ、ルールを守ってトレードしていけるといいですね。

まとめ

レバレッジは高い方が資金効率面で優秀ではありますが、使いどころを間違えると痛い目を見ることもあるので注意が必要です。

やはり余裕資金で行うという前提は必ず守り、きちんと自分の決めたルール通りに行うという事、必ず損切り注文をしておくという事は忘れないようにしましょう。

いくら連敗して悔しくなっても、決してギャンブルのような無謀なトレードはしないように心がけましょう。これらのことに気を付け、ハイレバレッジでトレードが出来れば、短期間のうちに莫大な利益を上げることが可能ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

ハイレバレッジトレードならXMがオススメです。

口座開設で3000円のボーナス、入金で最大50万円のボーナス貰えます!

口座開設,fx,取引時間,時間帯,手法,稼げる,東京時間,オセアニア時間,ニューヨーク時間,欧州時間,特徴,値動き

口座開設の手順はこちら

口座タイプ比較はこちら

fx,取引時間,時間帯,手法,稼げる,東京時間,オセアニア時間,ニューヨーク時間,欧州時間,特徴,値動き

次の記事

ロウソク足の見方 ロウソク足は実際にMT5を起動してチャートを見ると出てくると思います。 まずロウソク足には陽線と陰線があります。 ...
私の知識や経験が皆様のお役に立てれば幸いです。 スキル販売サイト、「ココナラ」ではオリジナルのFX教材を販売し、大ヒット商品になりました。FXランキング1位を獲得し、多くの方から稼げたとの報告を頂いております。