FXは心臓に悪い?ドキドキする理由と対策。現役FXトレーダーが解説。

FXは心臓に悪い?ドキドキする理由と対策。現役FXトレーダーが解説。

FXで取引をしていて心臓がドキドキしてしまった経験はありますか?心臓に悪い取引を続けることはよくありません。海外FXなどレバレッジ規制の緩い証券会社で取引を行っている方や、生活費を削ってまで投資資金を捻出して無理やりトレードをしている人などで起こりやすいでしょう。

結論から言うと、これは恐怖や不安を取り除けば解決できます。今回はその解決策を紹介します。

大損を経験した人ほど心臓がドキドキするようになる

初心者のうちに適当にやっていたら偶然勝ててしまったという事はあると思います。この場合、多くの人はもう一度同じように繰り返し取引をしたり、ロットを上げてもっと稼ごうとしてしまうでしょう。

すると、当然偶然勝っただけですから、どこかで大損することになります。

大損を経験すると、今度は損をしたくないという気持ちが芽生えてきます。

最初に勝った経験からまたその報酬を得ようと行動するのにも関わらず、そこに不安や恐怖が混ざり合って感情がより複雑になります。

そこから多くの負け組トレーダーは手法探しの旅に出かけ、少し勝てたからと言ってデモトレードも続けずにリアルトレードを行い負けていきます。

一度稼いだ経験から速く稼ぎたいという欲望が生まれてしまい、「デモトレードなんてやらなくても勝てる!」と自分に謎の自信が生まれる人もいるでしょう。

基本的にはデモトレードでしっかりと練習を積み重ね、そこで自信がついたらリアルトレードに移行するのが望ましいです。

やはり勝てる事がデモで分かっていないと、リアルトレードをしている最中に「この手法で本当に勝てるのかな?」と思ってしまい、損失を怖がるあまり含み損が大きくなった所で手放してしまう癖がついてしまいます。

他にも含み損の時にはストップロスのラインを下げてしまったり、追加入金をしてナンピンをしたり、含み益の時には安心しすぎて利益を確定出来ず、気付いたら損失になっていたという事もあるでしょう。

初心者が勝ててしまうのも恐怖や不安が少なく、欲を出さずに利確が出来てしまうからです。

もう既にFXの魅力に取りつかれてしまった人は中々ここから抜け出す事は難しい心理状態になります。

「今まで費やしてきた損失や時間を無駄だったと思いたくない、だから何としてでも、一刻も早く損失を取り返したい!」

そんな心理状態がさらにあなたのトレードに悪影響を与える事は冷静な時なら分かるはずです。

私はこのような人の事を、「ハマっている人」と勝手に呼んでいます。

それは沼にハマってもがき苦しみ続ける人のようだからです。もちろん私自身も経験があるから言える事です。

それではここから抜け出すためにはどうすれば良いのでしょうか。

とにかくロットを下げる

まず取引で心臓がドキドキするという人は、自分の身の丈に合っていない資金やロット数で取引をしている事が挙げられます。

もちろんFXで効率よく稼ぐためには出来る限り大きなロットで取引したほうが良いです。

しかし、それによって自分自身にストレスがかかるようでは逆効果です。

最近ではスマートウォッチなど、心拍数を簡単に図る事も出来ますから、トレード中に確認してみると良いかもしれませんね。

特にFXでハイロットのポジポジ病に陥ってしまっている人は要注意です。

それは利益が出た時の高揚感を求めるようになり、ギャンブル依存症とほぼ変わらないような状況だからです。

「FXは投資であってギャンブルではない!」と言い訳するかもしれませんが、やり方によってはギャンブルと全く変わらない事もあります。

利益が増えていく高揚感やドキドキ感がたまらなく好きと言う人は今一度考え直した方が良いかもしれません。そのようなギャンブル思考に陥っていては、ハイリスクハイリターンだけを求めるようになり破滅へ向かいます。

どうしてもその思考が辞められない場合は、とにかくロットを少なくする、入金額を少なくする事が必要です。

もちろんこれは根本的な解決にはなっていないので、対処療法でしかありません。

余裕資金でやる事の大切さ

海外FXでハイレバレッジなトレードをする人の中には、お金がないから少ないお金で運用しているという人もいるでしょう。

含み損が1万円になった所で、「1万円あったらあれもこれも買えるのに!」と嘆いているようではどうしようもありません。

そこまで資金的に苦しい人はまともな判断は出来ませんから、生活を切り詰めてまでトレード資金に充てているという人は絶対に辞めた方が良いでしょう。

投資はやはりある程度安定収入がある上でやるものです。

生活にある程度余裕が出てきて、尚且つ資金的にもまとまったお金がある場合に限り、投資でお金を増やすという選択肢が生まれます。

ただでさえポジションを保有していると欲望が出てきて中々利確が出来なかったりしますから、まずは利益が出ても損しても平常心でいられるくらい生活に余裕がある事が望ましいです。

特に初心者でリアルトレードに移行する場合は、そのお金は捨てたと思って始めるくらいが丁度いいでしょう。無くなってはいけないお金で投資をやる事はやはりメンタルによろしくありません。

ポジションを見ないのも一つの手

やはりお金を稼ぎたいからFXをやっている事は誰しも同じです。欲を完全に捨てるという事は不可能ですから、少しでも余計な判断を下さないようにしなければいけません。

そこで、エントリーしたら決済指値と損切を入れておき、後はポジションを見ずに放置するという方法がおすすめです。

この方法であれば保有しているポジションに一喜一憂することなく、ルール通りにトレードが出来ます。

特にPCにずっと張り付いていて心臓がドキドキしてしまうようであれば、スイングトレードを行った方が良いでしょう。

多くの人はどこでエントリーしようか迷いながらPCに張り付いていますから、それは勝てなくて当然だと思います。

やはりFXで勝つための戦略には、メンタル面にも優しい手法設計が大切だと思っています。

私自身の手法はいくつかありますが、どの手法も必ずメンタルがぶれないようなルール、仕組みがきちんと確立されています。

もちろん、私の手法であってもあまりに無謀なロット数で行えば心臓がドキドキするでしょう。

それでも、やはり勝てる事が分かっている戦いをしている時点で、大きくロットを張っても、迷いながらトレードをしている人と比べてはるかにメンタルに優しく稼ぎやすくなります。

自信が無いからドキドキする

結局トレードに自信が無ければ不安や恐怖に襲われ、心臓がドキドキする原因になります。

これは精神的な問題ですから、解決策としては私の手法を学ぶしかありません。

一人で何が分からないのかも分からない状態で迷っているだけでは何も成長しません。

幼いころからプロにピアノを習っている人と、大人になってから始めた人とでは天と地の差があります。

それと同じで、投資も独学で苦労して大損をして学ぶよりも、人から学んだほうがよっぽど早いのです。

大人になってからは中々勉強しなくなったという人も多いと思いますが、投資をしっかりと勉強もせずに行う事は本当に危険な行為です。

まずは私の手法を学んでいただければ、「これなら勝てる!」と思っていただける事間違いなしですし、メンタルに優しく心臓がドキドキする事も無くなるでしょう。

トレードに自信がない人はまず私の手法をしっかりと学んで実践してみてください。

実際に私の手法を使用して1億を稼いだ方が現れましたので、皆さんもその方に続いてまずは1億を目指していきましょう。

次の記事

海外FXの始め方を学ぶなら、為替王・億トレーダーの神髄へ。海外FXを始める前に知っておくべき事やリスク。 FX歴7年、プロ...

Gem Forexの両建てOKな手法!スワップアービトラージはいかに。本当に稼げる?デメリットがやばい 今回はGemforexの両建てを利...