海外FXは違法か?

海外FXは違法に当たるか

海外FXは金融庁から日本のライセンスを取得していません。

もし海外FX業者が日本のライセンスを取得してしまえば、レバレッジは25倍となってしまいます。ゼロカットシステムや豊富なボーナスも出せません。

金融庁は海外の無登録業者として警告を行っていますが、この警告はレバレッジ規制がなされていないため、投資家を保護するという意味合いがあります。

国内口座のレバレッジが50倍から25倍に変更されたのも、投資家保護のためです。

ですが、結果的にレバレッジが抑えられれば投資家の保護になるかというと、そんなことはありません。

実際にレバレッジが25倍でも多額の資金をつぎ込み、借金になる人もいます。

海外口座ならゼロカットシステムもあるため、国内口座より投資家保護になっていると言えるでしょう。いくら損失を出しても借金になる事はありません。

金融庁が無登録業者を名指ししているため、この業者を使ったら違法なのかと思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

現に私の使っているXMも何年も前から名指しされていますが、全く問題なく使えます。

海外業者が違法となる場合は、海外業者自身が日本で勧誘、宣伝活動を行った場合のみです。

海外業者は日本で宣伝することが出来ません。そのため、アフィリエイター(広告仲介業者)が代わりに宣伝を行っているという状況です。

また、XMのホームページは日本語に対応していますが、あれは海外に居住する日本人のために翻訳しているだけで、決して日本人向けに勧誘する目的では無いと明記されています。

つまり、XMは法的にも完全なる白と言えるでしょう。

日本で賭博は出来ませんが、オンラインカジノなら出来るのと同じです。

日本で規制されているレバレッジも、海外のサーバーを経由してしまえば、全く問題ありません。

また、海外FXを利用したことで逮捕されたという事例も今までに一切ありません。

それは海外FXをしてはいけないという法律が無いため当たり前と言えば当たり前の事です。

確かに海外FXを利用するにあたって法律に関して不安になる事はあると思いますが、普通に利用して稼ぐ分には全く問題ありませんのでご安心ください。

海外FX 違法

違法となるケース

もし海外FXを使って違法になるとすれば、脱税が挙げられます。

FXで稼いだ所得を隠し、数億円の脱税をしたという事例はちらほら見受けられます。

国内業者の場合はFXでの取引は税務署に筒抜けです。誰がどれくらい利益を出しているのか、支払調書を税務署に提出するようになっているのです。もちろん氏名も生年月日も分かってしまいます。

では海外口座なら脱税してもバレないかというと、銀行からの入出金履歴、海外送金の履歴などがしっかりと残るようになっています。そのため、稼いでも出金しなければバレないかもしれませんが、確定申告は毎年行う事になっていますし、きちんと申告しましょう。

もしバレた場合は延滞税や重加算税だけでなく、金額が大きければ懲役刑となる可能性もあります。

金融庁は何故海外FXを敵視しているか

金融庁が海外業者を敵視している理由として考えられる事はいくつかあります。

一つは海外業者でトラブルがあった場合は金融庁として回答するのが大変になるからです。

実際にトラブルになっても国内の業者でない限り面倒を見切れないのです。

特に悪徳なバイナリー業者が多く、トラブルが頻発しているようです。

よっぽど有名な会社を使用していれば問題はありませんが、中には出金拒否をしたりする悪徳な業者もいるようです。

海外の業者を使ってそのようなトラブルになった場合、相談する事が難しくなります。

また、裁判を行うにしても、利用規約に裁判を行う場所は海外と指定されていた場合、渡航費や弁護士費用を見ても割に合わないでしょう。つまり、もし悪徳な海外業者に当たった場合は泣き寝入りするしかありません。

そういった観点から見ると国内口座の方が何かあった時の法的措置は取りやすいでしょう。

ただ、海外FXの透明性の高い取引環境や高いレバレッジの恩恵を受けられないのは非常に勿体ないでしょう。

XMに関しては有名かつ何年も使っていますが、対応がしっかりとしています。

他の怪しい業者を使うのでしたら、XMを利用する事をお勧めします。


海外FX 違法

MT5で損益を非表示にする方法 まずポジションを持った状態で、そのポジションを右クリックします。 損益にチェックが入っているので、チ...
私の知識や経験が皆様のお役に立てれば幸いです。 スキル販売サイト、「ココナラ」ではオリジナルのFX教材を販売し、大ヒット商品になりました。FXランキング1位を獲得し、多くの方から稼げたとの報告を頂いております。