安倍総理辞任でドル円急落。今後10円下げもありえます。

ドル円相場の予想的中

累計利益億越え、プロトレーダー歴7年の為替王です。安倍総理辞任の発表があり驚いた方も多いでしょう。今回は今後のドル円相場の見通しを含め、なぜ大暴落する可能性が高いのか解説していきます。

予想が的中

先日このようなツイートをしました。

ツイートを見ていただければ分かるように、2018年の12月に約10円程下落したときの4時間足のチャートと、現在のチャートが瓜二つです。

そのシナリオで行くと107円前後で反発があり下落する事が簡単に予測が出来ました。

案の定反発があり、少し下落した所で安倍首相辞任のニュースが流れ一気に大暴落となりました。私の予想通りトレードした方は1500Pipsは稼げたでしょう。

今後の値動きを解説

過去チャートから推測すると、107円付近でもう一度反発してから10円下げが来ています。それを踏まえるともう一度安倍首相辞任前の価格まで戻しがあってから下落というシナリオが考えられます。もちろんこのまま下落してしまう可能性もありますが、これからエントリーを考えている人は106.6円付近まで戻しを待つと良いでしょう。

三角保ち合い、トライアングルフォーメーションについて

三角保ち合いの売買サインは一般的に以下の図のようになっています。

三角保ち合い売りサイン,三角保ち合い,トライアングルフォーメーション,

ドル円の4時間足

ドル円,安倍,4時間足,

現在はまだ下にブレイクはしていないものの、いつブレイクするか分からないといった状態です。

ドル円の1時間足

ドル円,一時間足,安倍,

一時間足で細かく見ても、上値を切り下げているのが分かります。

やはり売りが優勢と捉えられます。

ドル円月足

ドル円,月足,

2015年辺りの高値からずっと三角保ち合いが続いていました。

ここをブレイクアウトしていけば、100円を切り98円程度になるのではないかと予測しています。

大きく稼ぐチャンス

コロナもあり経済は大きく変わる節目に来ています。

この節目をチャンスに変えて利益を上げていくためにはまずトレードしなければ始まりません。FXで大きく資産を増やしたい方はまずチャートを見る、資金を入金するという所から始めましょう。いつまでも怖がっていては資金は増えません。ここぞという時に資金を一気に投下して稼いで行きましょう。