仮想通貨

DeFiとは?仮想通貨で稼ぐ方法とDeFiで金利を得る方法

DeFiとは Decentralized Finance

DeFiとは金融資産の管理が出来る、ブロックチェーン技術を進化させたものの総称です。

従来の中央集権型のシステムや管理者がいる仕組みでは、取引のスピードや進化がほぼありません。
DeFiが使われていれば、ユーザーは仲介者を挟まずに直接お金を管理出来るようになります。

例えばVISAのクレジットカードで支払った場合、三井住友銀行がお店との仲介者となり、取引内容を自社の台帳に記録し、何かあれば取引を停止したり出来ます。
ビットコインであればそういった大企業は不要になるという事です。

実際に仮想通貨をクレジットカードで買う事はマネーロンダリングの観点から使用出来ない会社があります。そういったものが足かせになるのであれば、まだ使える場所が限られているという事を除けば、仮想通貨の方が利便性は高いと言えるでしょう。

他にも様々な取引や契約を大企業が支配している時代、保険、ローン、クラウドファンディング、デリバティブ、ギャンブルなど、これらの大企業はDeFiの技術によって置き換わる事になります。

DeFiは殆どの場合イーサリアムブロックチェーン上に構築されています。何故かと言えばイーサリアムは分散型アプリケーションを開発しやすいからです。

これはイーサリアムのスマートコントラクト技術によるもので、特定の条件に合致したときに、自動的に取引が実行されるものです。

ソリディティというイーサリアムプログラム言語はそういったスマートコントラクトの作成に特化しています。

例えばユーザーが来週の日曜日にお金を親に送金したいとします。ただし、天気予報サイトで気温が25度を超えた場合のみ、というルールをスマートコントラクト上にプログラムする事が出来ます。

DEXとは?

DEXはDecentralized Exchangeの略で、分散型取引所という意味です。DeFiは中央管理者を通さない金融全体を示す言葉であって、DEXはDeFiを使用した取引所の事です。

逆に中央管理者が存在するのはCEX(Centralized Exchange)と呼ばれています。

DeFiで稼ぐために知るべき仕組み

DEXは流動性が低いため、流動性を担保するためにPoolという仕組みが出来ました。
これにより、資金をプールしておけば、トークンが自動で分配される仕組みになっています。

Defi関連の値上がり狙いで稼ぐ事も出来ますが、DeFiには定期預金のような仕組みがあります。

資金のプールでトークンを得る事で金利を貰う事が出来ます。

リスクは当然価格変動もありますが、DeFiは新しい技術のため、政府から規制を受ける可能性もある点には注意しましょう。

defi,流動性スワップ

こちらは仮想通貨取引所、バイナンスでの流動性スワップに仮想通貨を追加する時の画面です。

金額を指定するだけで簡単に追加する事が出来ます。

BTC、BNB、USDTなどの流動性スワップに対応している仮想通貨を保有していれば、バイナンス上のウォレット画面にある収益から簡単に追加する事が可能です。

値上がり益+金利で二重の旨味を味わう事が出来ます。もちろん値下がりリスクがある点も理解した上で行う事が必要です。

DeFiのレンディングとは

DeFiの中でレンディングという言葉が使われます。これはスマートコントラクトにより貸付や資産を管理する銀号などの仲介業者を取り除いたプラットフォームです。

レンディングには集権型と分散型があり、集権型は本人確認などによってパスワードが無くなっても復活する事が出来ますが、分散型だと忘れた場合使えなくなります。

その代わり、集権型はもしハッキングされた場合などは顧客の資産を失います。分散型だと個人が攻撃されない限り安全です。

DeFiに使われる用語の解説。wrapped Bitcoin (WBTC)とは

WBTCはビットコインのステーブルコインです。今まではイーサリアム上の仕組みでDeFiのアプリが出来ていたため、ビットコインは使用できませんでした。そこでイーサリアムの仕組みを応用してビットコインベースで成立つステーブルコインを使う事で、DeFiアプリ上でも間接的にビットコインの使用が出来るようになりました。DeFi上に資金を使用したいけどビットコインは保有していたいという方はビットコインをWBTCに変えれば良いという事です。

DeFiの予測市場

将来の選挙や出来事にお金をかける市場が高まっています。
サッカーチームの勝利にお金をかけるスポーツベットのような感覚です。

イールドファーミング、流動性マイニング

DeFiのレンディングプラットフォームに暗号資産を預ける事で、流動性を提供する見返りとして利回りを得る事が出来る仕組みです。

流動性マイニングはそれに加え、見返りとしてトークンを受け取る事が出来るものです。

ただし、イールドファーミングは参加者の増加によって収益が減少してきています。そのため使用するなら早ければ早いほど良いでしょう。

また、流動性マイニング市場の投資熱が下がると、価格が下がってしまうリスクも知っておきましょう。

流動性マイニングはバイナンスで対象の通貨を保有していればウォレット画面の収益から簡単に行う事が出来ます。

コンポーザビリティ

DeFiはオープンソースでプログラムが公開されているため、新しいアプリを改良版として開発する事が容易です。

DeFiの将来性

DeFIは金融に大きな革命を起こす事が信じられていますが、既存の中央集権型のビジネスをしている大企業が猛反対する技術でもあります。
そして、初心者の人は良いプロジェクトと悪いプロジェクトの見分けがつかず、実際に失敗している事例もあります。

例としてミームコインのYAMは時価総額が35分で6000万ドルから0になりました。

他にもHotdogやPizzaも同じようになりました。

また、スマートコントラクトにはバグがあり、一度プロトコルに設定されると変更できないため、バグが永久的に残るというリスクがあります。

DeFiはまだ発展途上であり、スケーラビリティ問題やセキュリティにはまだ改善の余地があります。
こうした問題が解決されれば、まずはDeFiの証券アプリなどが出てくる事が予測されます。

イーサリアム2.0ではスケーラビリティ問題を解決するかもしれません。
DeFiに投資するという事は、こういったものが上手く進んでいくかどうかに賭けているという事でもあります。

おすすめとしては、トレードで値上がり益を狙った上で、流動性マイニングなどで金利やトークンを貰えば、二重の旨味があります。

もちろん値動きを読む事など知識は必要になりますが、上手く行けば大きな利益を得る事が出来ます。

まずはバイナンスで少額から試してみるのが良いでしょう。

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

心理学や脳科学を駆使し独自の手法を開発後、ブラック企業から脱サラし莫大な利益を稼ぐFXトレーダーに!教育活動にも力を入れており数多くのプロトレーダーを輩出している。ツイッターでは高精度なドル円・ポンド円予測や超有料級の情報を発信中!

⇒為替王Twitter

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5