海外FX

海外FXで手数料を最も安くする方法。最安FX会社と裏技が判明!

海外FXで最も手数料を下げる方法

今回は海外FX業者で最も安い手数料の会社と、さらにそこから手数料を下げる裏技が判明したので解説します。

結論から言うと、最も手数料が安いのはTradeviewのILC口座です。この口座はECN口座であり、1ロットの往復手数料は500円です。

他の会社のECN口座と比較しても最安値である事が分かります。

Tradeview XM TITAN Axiory
5ドル 10ドル 7ドル 6ドル

こちらがTradeviewのILC口座の平均スプレッドです。

ILC口座 平均スプレッド(pips) 最小スプレッド(pips)
USDJPY 0.1 0.0
EURJPY 0.4 0.2
GBPJPY 0.5 0.3
AUDJPY 0.5 0.4
EURUSD 0.2 0.0
GBPUSD 0.5 0.3
AUDUSD 0.2 0.0

ドル円や豪ドルは最小で0Pipsの時もあるので、往復手数料の500円だけで取引出来る事があります。

取引手数料を安くするとこれだけお得

それではTradeviewにした場合としなかった場合でどれだけの差額があるのか計算していきます。

一般的な海外FX業者のドル円のスプレッドが1.8Pipsとすると、1ロットエントリーする毎に1800円かかります。

これを平日の週5回、年間にして260回エントリーしたとします。

すると、年間に支払う金額は468000円となります。

TradeviewのILC口座では、ドル円の平均スプレッド0.1Pips+往復手数料500円がかかりますから、1ロットエントリーする毎に600円かかります。

これを先ほどと同じように年間260回のエントリーとすると、156000円となります。

Tradeviewにしなかった場合、その差額312000円も損をしていると言えるのです。

さらに手数料を下げる裏技を公開

これだけでもかなり低コストで取引が出来る事が分かりましたが、さらに手数料を下げる事が出来ます。

その方法が、海外FXキャッシュバックサイトである、タリタリ経由で口座を作成する事です。

タリタリでTradeviewの口座を作成した場合、往復手数料が275円にまで下がります。

すると、1ロットエントリーするのにかかる手数料はスプレッド0.1Pips+往復手数料275円で、1ロット375円にまで下がるのです。

つまり、これを年間260回エントリーすると97500円です。

通常でも十分安い手数料がタリタリを経由する事で、年間にすると58500円もお得になるのです。

 

やり方としてはタリタリのリンクからTradeviewの口座を開設し、そこからTradeviewのサポートに低手数料口座に移行する旨を伝えるだけです。

通常のキャッシュバックではタリタリ側からキャッシュバックが反映され、それをbitwallet等に引き出す形になり手間がかかりますが、低手数料口座に移行すれば、キャッシュバックとして受け取るのではなく、Tradeview側からキャッシュバック分の手数料を自動で差し引いてくれる仕組みになっています。

つまり、普通に取引するだけで往復手数料が275円になるという事です。

タリタリ公式サイト↓

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

注意点やデメリット

注意点としては、MT4、MT5、cTraderでの利用に限るという事です。また、MT4とMT5ではレバレッジが100倍で、レバレッジの変更申請をサポートに問い合わせる事で200倍にまで上がります。

また、cTraderであれば初期レバレッジ200倍、レバレッジ変更申請により400倍にまで引き上げる事が可能です。

手数料を下げた上でレバレッジの恩恵も得られるのはcTraderが最強と言えます。しかし、cTraderはスマホだと若干の使い辛さはあります。

チャートを見る際に拡大するために毎回ボタンを押す必要があったり、時間足の切り替えもMT5のように直感的ではありません。

また、Tradeviewの口座開設は入力事項が多く、かなり面倒です。しかし、そういったデメリットがあってもコストを重視するのであればお勧めできます。

仕様は徐々に慣れていきますし、そこを差し引いても絶対にお得になる事は間違いありません。

色々な海外FX業者を試しましたが、やはり一番使いやすいFX会社はXMです。XMのZERO口座をタリタリ経由で作成した場合は往復5.5USDで取引出来ますし、スタンダード口座でも9ドルのキャッシュバックがあるので、この手数料も中々悪くはないと言えます。

コストを取るか、使いやすさを取るか、レバレッジを優先するかで人それぞれ変わる所だと思います。

まとめると

XMのZERO口座⇒レバレッジ500倍、1ロットの手数料5.75USD、使いやすい

TradeviewILC口座⇒レバレッジ100~400倍、1ロットの手数料375円、使いにくい、色々面倒である

他にもTitanFXが候補に入るかと思いますが、個人的にTitanFXのチャートは止まりやすいという経験があるので、あまりお勧めできません。

また、キャッシュバックを使用するよりも普通にXMの口座を作成して100%ボーナスを使った方が良いという場合もあるでしょう。

人それぞれですが、やはり手数料の最安はタリタリ経由でTradeviewのILC口座が最強という結論に至りました。

口座開設は面倒ですが、乗り越える事が出来ればかなり有利に取引が出来るようになるでしょう。

タリタリ経由で口座開設をする

forex kingトレードの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

心理学や脳科学を駆使し独自の手法を開発後、ブラック企業から脱サラし莫大な利益を稼ぐFXトレーダーに!教育活動にも力を入れており数多くのプロトレーダーを輩出している。

トレード人生が変わる強力なFX手法を販売中

FOREX KINGトレードの神髄

FX,手法

3DaysFX

3DaysFX

-海外FX

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5