前澤社長のお年玉企画には絶対に参加してはいけない理由

FX上級者への最短ルート、秘伝の手法教えます これさえ知れば何も怖くない!投資のプロフェッショナルを目指す

なぜ前澤社長のお年玉企画に参加してはいけないか

ZOZOTOWNの元社長として有名な前澤友作さんですが、総額10億円をプレゼントするとの事です。今回はなぜこの企画に参加してはいけないのかお話していきます。

理由は社会実験のためと言っているが真の目的は

こちらの動画で10億円を配る趣旨について解説されています。

100万円を貰う事で人々は幸せになるのかといった実験として行うそうで、当選者には定期的にアンケートを行うそうです。

具体的なアンケート内容は、その後100万円の使い道についてや、人生がどのように変わったかを聞かれるようです。

実際に以前のお年玉企画では1億円を配り、前澤社長の知名度は更に上昇しました。

知名度を向上させるための広告宣伝費に過ぎない

表向きは社会実験と言っていますが、かなりのお金を持っている前澤社長ですから、100万円貰ったくらいで人々が幸せにならない事くらい分かっているはずです。

やはり世の中の注目度を集める事によって自身の知名度を向上させたり、フォロワーを獲得する事が目的だと思います。

ヤフーがZOZOにTOB(株式公開買い付け)をし、ZOZOの保有株の売却額は2500億円近いと言われています。それだけのお金があれば10億円を配る事は、一般人の感覚で言うと10万円を配っているような感覚に過ぎないのです。前澤社長にとっては安い広告宣伝費だと言えるのです。

計画,前澤,

新会社スタートトゥデイ社で何かを計画しているはず

前澤社長は保有株を売却した後、すぐに新会社であるスタートトゥデイ社を設立しています。

この会社はまだ社員もおらず、何をしているのか不明です。

お年玉企画で知名度やフォロワー、YouTubeの登録者を増やした後に、この2020年に大きな挑戦をするのではないでしょうか。

100万円貰ったところで幸せにはなりません

100万円という金額が高いと思っている人もいるかもしれませんが、普通のサラリーマンでも半年ほど働けば稼げる金額です。既に前澤社長のツイートは150万リツイートになっており、その中から1000人が選ばれるため、殆どの人は当たらず、今までと同じ生活を送ることになります。きっとこのような企画に参加するのはお金のない学生だとは思いますが、中には大人もいるはずです。

幸せ

幸せを他人任せにする癖が付いてしまう

何故こういったものに応募してはいけないかと言うと、自分の幸せを他人任せにする癖が付いてしまうからです。

多くの人は宝くじやギャンブルに群がりますが、期待値でマイナスになるものですから、必ず損をします。多くの人は騙されている事に気が付かず、ただ夢を見ているだけなのです。

なぜそんな事にも気が付かずに馬鹿になってしまうのかと言うと、自分を変えなくても良いからです。

「宝くじが当たらないかな」とか、「お金持ちと結婚できないかな」と思っている人は、現実から目を背けているだけです。客観的に見れば「楽をしてお金が欲しい」ただそれだけでに過ぎないのです。

もし短期的にお金が舞い込んできたとしても、その瞬間は嬉しいかもしれませんが、使ってしまえばそれで終わりです。実際に宝くじに当たった人の殆どはすぐに破産してしまいます。

高級品や家など、欲しいものを買っていればいずれ飽きが来ます。

そして、本当の幸せはお金では買えないという事を知るのです。

たった一回応募するだけで、無意識は頑張らない方向へ働きます。

「お金が欲しいけどあの時応募したものが当たればな、、」

そう考えてしまうだけで、他にお金を稼ぐ方法が見えなくなってしまうのです。

本当は自分の実力を高めて稼いでいく事が大切なのに、「自分なんてダメだ」と自信を失っている人がこのような企画に安易に参加してしまうのです。

自分を高める,

現実逃避せずに自分の可能性を信じて欲しい

他人に期待をして生きていてはいつまで経っても自分に自信がつきません。他人に見られないからと言っても、必ず自分の潜在意識は反応して負のループに陥ります。

普段から他人任せ、運任せの思考は断ち切り、自分自身の可能性を信じて自分を磨いていく事が大切です。

流されやすい日本人のあなたにはぜひ、皆が群がっている所を見たら「何かおかしいぞ?」と感じられるようになって欲しいです。

人とは違う行動であっても勇気をもって突き進んでいってください。

2020年も、自分自身を高めていく事に全力を出して、共に精進していきましょう。