TITANFXのメリット・デメリットについて!他の海外FXと比較しながら徹底検証!

TITANFXのメリット・デメリットについて!他の海外FXと比較しながら徹底検証!

海外FX業者の中でも人気の高い「TITANFX」。海外FXを始めようとすると必ずと言って良いほどおすすめの業者の1つとして挙がってきます。今回は他の海外FXの業者と比較しながらTITANFXについて解説します。比較以外にもTITANFXを実際に使用してみてどのように感じたかを解説していきます。TitanFXの黒い噂もあるようです↓

TITANFX,

TITANと他の海外FX業者との違い

海外FXの特徴としてはレバレッジが高く少ない資金でも取引が出来る事です。その反面、出金トラブルが多いと言われていたり、スプレッドが高かったりするのが事実です。始める時に貰える「ボーナスポイント」にも触れながら細かく解説していきます。

TITANの特徴1.ボーナスポイントがない

海外FXでは「指定の取引口座」「入金額」など一定の条件を満たすとボーナスポイントを貰える業者が多いです。XMは口座開設で3000円、GemForexでは時期にもよりますが「口座開設で20000円または入金額と同等のポイントを付ける」などをやってます。ボーナスポイントも資金として扱うことが出来ることを考えれば、TITANは口座開設時のサービスが他の海外FX業者と比較してやや見劣りする感じです。

XMのホームページ

2.FX(通貨)のレバレッジが低い

TITANの最大レバレッジは「500倍」です。XMが「888倍」GemForexが「1000倍」であることを考えると低いと言えるでしょう。海外FXのレバレッジ倍率の中では不利と言えます。

しかしTITANは通貨以外の銘柄でも全て「500倍」のレバレッジです。XMは取引する銘柄によって最大レバレッジが変わってしまうので、TITANは銘柄によっていちいち計算をしなくても良いというメリットもあります。

3.取引出来る銘柄は約70種類

TITANは取引出来る銘柄が70種類を超えています。通貨ペアが55種類以上、その他の商品が15種類以上あります。

他の海外FX業者で取引出来る通貨ペアの種類は、XMで約55種類、GemForexで約30種類なので取引出来る通貨ペアは多いと言えるでしょう。

しかしXMはその他商品を40種類以上扱ってますので、通貨ペア以外の商品に興味のある人はTITANでは見劣りするかもしれません。

4.VFSCの金融ライセンスを保有している

TITANが保有している金融ライセンスは「バヌアツ金融サービス委員会」(VFSC)です。以前は「ニュージーランド証券投資委員会」といった金融ライセンスを保有してました。VFSCのほうが取得難易度が高いと言われているので、TITANは金融に関して高い意識を持っていると言えるでしょう。

他の海外FX業者も様々な金融ライセンスを保有してます。しかし金融ライセンスを保有しているのにも関わらず、さらに難しい金融ライセンスを取得したということはTITANがお金に関して安全性を重視していると判断することが出来ます。

5.スプレッドが狭い

スプレッドが取引する時に必ず発生する手数料なので、出来るだけ狭いほうが有利に取引を進めることができます。TITANは他の海外FX業者の中でもスプレッドは狭いので、取引回数が多い人は手数料を抑えることが出来ます。

TITANのスプレッド

XMのスプレッド

これはドル円のスプレッドです。単位が違うのでわかりづらいですが、TITANが「1.33」なのに対してXMは「1.6」です。1回の取引では大したことはありませんが、何度も取引をしていると大きな金額になるので、スプレッドは狭いに越したことはありません。

開設する口座や取引する銘柄によってスプレッドは変わります。あくまで取引量が多いドル円でのスプレッドだということに注意してください。

6.両建てやスキャルピングが可能

両建てとは買いと売りを同時に入れてどちらに値動きをしても大きな損失を出さずに済む手法です。スキャルピングは数秒から数分で1回の取引を終了させる手法です。

これらの手法はやり方によりですが、取引を有利に進めることができる可能性が高いと言えるでしょう。そのためこれらの手法に対して制限を設けている海外FX業者もあります。

両建てについての制限(GemForex)

スキャルピングについての制限(GemForex)

TITANはどちらも制限が一切ありませんので自分にやりたいように取引することが出来ます。

実際にTITANを使用してみて感じたこと

TITANの基本情報をもとに他の海外FX業者と比較してきましたが、ここからは実際にTITANを使用してみて何を感じたことについて解説していきます。

レバレッジの低さから少額資金には向かない

海外FXは資金が数千円~数万円でもレバレッジが高い取引ができます。しかしTITANは海外FX業者の中では低いので必要証拠金が高くなります。

必要証拠金が高くなると取引に使えるお金が少なくなるので、XMやGemForexに比べると「ロスカットが早くなる」「ロット数を少なくしなければならない」などマイナス面が目立ちます。資金が少ない人は物足りなく感じるかもしれません。

入出金のトラブルは一切ない

TITANを使用していて「出金出来ない」ということは一切ありませんでした。入金もスムーズに行うことが出来ますし、取引に影響したことはありません。

入出金で疑問に感じたことを質問した時もすぐに返答してもらえたので、お金に関しての心配は無いと言えるでしょう。

サーバーに問題があるのか

一時期雇用統計時にTITANを使用していましたが、チャート画面が止まってしまい大損してしまうというトラブルがありました。

その他にもMT4において突然チャートが動かなくなる事が多々あり、それ以来使用を辞めています。サーバーの問題か、TITAN専用のMT4に問題があるかは定かではありませんが、あまりおすすめは出来ません。

結論!特にこだわりがなければTITANを選ぶメリットはない

TITANが他の業者と比べて劣ってるわけではないですが、海外FXのメリットを活かすことを考えればTITANでは物足りなく感じると言えるでしょう。MT4が止まってしまう不具合も現在は治っているかもしれませんが、私はおすすめ出来ません。

レバレッジの高さが中途半端

海外FXの魅力はレバレッジが高いことです。国内に比べればTITANも桁違いですが、他の海外FX業者と比べてしまうと見劣りします。

「スプレッドが狭い」「手法に制限がない」などの利点もありますが、レバレッジが高いことにより得られる利益や手法の制限に引っかかってしまう確率を考えれば大した強みにはなりません。

他の海外FX業者でも入出金のトラブルはない

TITANは難易度の高い金融ライセンスを取得してます。しかし他の海外FX業者で入出金のトラブルがあったわけではありません。

特に問題なく取引をすることが出来てますので、金融ライセンスにこだわる理由は無いと言えるでしょう。余程マイナーな取引会社を使わない限り入出金に関して心配する必要はないでしょう。

取引する通貨ペアは多いが、他の海外FX業者でも十分満足出来る

様々な海外FX業者を使用してみて通貨ペアが無くて困ったことはありません。どこの海外FX業者もある程度、通貨ペアは揃っています。

TITANが豊富な通貨ペアを揃えているのは事実ですが、XMなど他の業者の方が多いです。

ボーナスポイントは立派な資金源になる

海外FXは少ない資金でも取引出来る事も魅力の一つです。そのためボーナスポイントがあるかないかでは大きな差が出ると言えるでしょう。

「XM」「GemForex」にはボーナスポイントがありますので、取引をより有利にする事が出来ます。

海外FX業者もそれぞれの特徴があります。どの海外FX業者も「長所」「短所」がありますが、自分の資金や取引のスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。