XMのゼロカットとは?ゼロカットについて分かりやすく解説します。

XMのゼロカットとは?ゼロカットについて分かりやすく解説します。

FXを行うとどうしても資金が減ることがあるので借金を背負うリスクがあると思われがちです。

しかし、実は海外FXならシステム上借金を背負わなくて済むようになっています。

中でもXMはそのシステムがかなり充実しているのでかなりオススメです。

その詳細について見ていきましょう。

ゼロカットとは

XMにはゼロカットというシステムが搭載されています。

これは簡単に言うと含み損を出し過ぎて残高がマイナスになってしまった時、それをタダでゼロに戻してくれるものです。

このため、ゼロカットがあればどのような無茶なトレードをしたとしても入金した金額を超える損失はあり得ません。

従って、XMでのトレードによる借金を背負うことは無いのです。

ただし、トレードが原因で生活が苦しくなっての借金だったり、元々借金をしているなどのケースもあるので一概に借金と無縁というわけではないことは覚えておきましょう。

XMにはロスカットといって口座内の資金が少なくなった時に自動で損切りしてくれるシステムがあるので、一見「ゼロカットは不要ではないか?」

と思われる方もいるかもしれませんが、実はロスカットはおろか自分が設定した損切りラインすらも無効化されることがあるのです。

具体的にはフラッシュクラッシュや窓開け時などが挙げられます。

損切りすら無効化されるわけですから際限なく損失を抱える危険があり、FXをしていれば気が付いたら何千万円のマイナスを出していたという事態も起こり得るのです。

だからこそゼロカットが有効となります。

なお、このゼロカットはFXだけではなくCFDやコモディティなどXMの全てで適用されるようになっていますから通貨ペア以外のトレードをしている方もご安心下さい。

ゼロカットした時のマイナスの補填はFX業者が行なっており、中にはゼロカットを搭載していると言っておきながら顧客を守らなかった業者もあります。

しかし、XMは顧客を守った実績があるので信頼性が極めて高いです。

具体的にはスイスフランショックで3800pipsもの大暴落をした時にも資金がマイナスとなったトレーダー全員にゼロカットを施しました。

これはかなり凄いことで、FXDDという老舗の業者すら想定を遥かに超える損失からこの時ゼロカットできないことを表明したのです。

XMは当時よりも業績がアップしているので仮にもう一度スイスフランショックがあったとしても同じように皆にゼロカットを行うでしょう。

XMでゼロカットされる条件

XMのゼロカットはかなり信頼性が高いことがお分かり頂けたと思いますが、具体的にどのような状況になった時にゼロカットがされるのかを知っておきましょう。

まず、ゼロカットされるのはマイナスになってから即座に執行されるのではなく、数時間〜数日かかります。

また、条件を簡単に説明すると次のような形になります。

フラッシュクラッシュなどによって残高がマイナスになっても、入金100%ボーナス(入金額を2倍にしてくれる)などの分や未決済ポジションの含み益などが生き残っていればゼロカットはされません。

もし、残高がマイナスになって数日経つのにゼロカットされないのならこれを確認してみて下さい。

追加入金ですぐに残高がリセットされるが…

実はすぐさまゼロカットして欲しい場合は入金すると即座にゼロカットが執行されます。

これを行うと入金額が消えてしまうと思われるかもしれませんが、そうではないのでご安心下さい。

例えば、残高・ボーナス・ポジションの合計がマイナス50万円だとして、1万円入金したところでマイナス49万円になるだけと思われるかもしれません。

しかし、実際には次のような形になります。

マイナス50万円→1万円入金(ゼロカット)→残高プラス1万円

このように結局は入金した額が残高になるのです。

しかし、一応この方法は使わないでおきましょう。いつこのシステムが変更されるかわかりませんし、自分の勘違いでボーナスなどを含めたらマイナスになっていなかったなどのことが考えられます。

とはいっても即座に執行して欲しい時もあると思います。そこでオススメなのはXMポイントを1ポイントだけボーナスに変換する方法です。

これなら入金したのと同じような扱いですので即座に執行してくれます。他の口座からお金を移し替えるといった方法でも可能ですが、自分のお金を使わないXMポイントの方が優れているでしょう。

この方法を使ってもゼロカットされないのであればサポートに連絡することをオススメします。

サポートの方は日本人もしくは日本語が通じる方なので安心して利用できます。連絡から返事を貰えるまでの間隔も短くあまりストレスを感じないでしょう。

最近ではライブチャットをするのも有効です。LINEのチャットのようなもので、かなり気軽にいくつもの質問をすることが可能です。

これは公式サイトのメニュー画面から「日本語ライブチャット」を選択することでできます。

ゼロカットは怪しくないのか?

ゼロカットはトレーダーを借金から救うための仕組みであり、特に回数制限も無いにも関わらずXMが利益を投げ打って実施しています。

このため、XMにはメリットが無いと思われることでしょう。しかし、実はXM側にもたった1つだけ大きなメリットがあります。

それは、集客力がかなり増すことです。ゼロカットができるというだけでトレーダーは安心感を持つことができるので口座開設してくれやすくなります。

誰でもそうですが借金を背負う可能性があるのと無いのでは無い方を選ぶに決まっており、ゼロカットの分の出費があってもそれを補って余りあるほどの新規口座開設者が現れてくれるのです。

このため、XMもトレーダーも両方とも得をすることになるからこそ海外FXではゼロカットが一般的なのでしょう。

ちなみに、ゼロカットが無ければ世界各国の口座開設者に支払うよう催促しなければならないのが極めて面倒であるからというのも理由の1つではあります。

こうした理由のため、怪しむ必要はありません。気兼ねなくゼロカットを使いましょう。(使わずに済むに越したことはありませんが)

ゼロカットする際の注意点

ゼロカットはたまに損切りが絶対に約定することと勘違いされることがあります。

例えば、米ドル円を100円で買い、99円に損切りを置いておけば何があっても99円で損切りされると思っているのです。

しかし、これは正確ではありません。実際には99円を下回った位置で損切りされることは多々あります。

その結果、ボーナスを含めた資金がマイナスになった場合にゼロカットされるのです。

これを勘違いしていると余計なダメージを負うことがあるので注意して下さい。

上の例のようなトレードをしたとして99円で止まると思っていたために証拠金を入れておくと、いざ99円よりも下で約定してしまった時に想定よりも多くの損失が出てパニックになるでしょう。

このため、99円で約定した時に口座内の資金がゼロになるように調整した額を入れておくのが理想的です。

もちろん、実際にはレートが変われば必要な額は変わりますし、スワップもあるので調整が難しく、いくらか多く入れておく必要があります。

しかし、できれば口座内の資金は最小限にしておくと良いということを覚えておきましょう。

また、複数の口座がある場合マイナス分が別の口座から引かれることはありません。

例えば、口座Aに5万円・口座Bに10万円入っていたとしましょう。仮に口座Aが15万円の含み損を出してしまい、マイナス10万円になってしまったとします。

このような場合でも口座Bから10万円がマイナスされるわけではないのでご安心下さい。

最終的には口座Aはゼロカットされて0円になり、口座Bは変わらず10万円のままです。

ゼロカットの間接的なデメリット

ゼロカットはトレーダーにとってメリットしかありませんが、実は直接的ではないデメリットが存在します。

それは、スプレッドの広さです。XMはメジャー通貨ペアでも2pipsくらいなので国内FXはもちろん、他の海外FXと比べて少し広いと言えます。

しかし、このスプレッドの広さがあるからこそゼロカットを含めたあらゆるサービスを提供できるのです。

スリッページや約定拒否の少なさなどもサーバーにお金をかけて強固にできるからですし、各国のサポートセンターを置くこともできました。

このように、スプレッドの広さはサービスの質の高さと言うことができるのです。

そして、そのサービスの高さを宣伝材料にして新たな口座開設者を得ることができ、彼らからスプレッドを集めて更なるサービスの展開が可能になっています。

この好循環があるからこそXMはかなりの人気なのです。

XMのリアル口座開設はこちら

まとめ

今回はXMのゼロカットについて解説しました。これがあれば入金した額よりも多くの損失を受けることはないので安心してFXを行うことができます。

ゼロカットされるのは残高・ボーナス・ポジションの全てを合計した時にマイナスになった場合であり、数時間〜数日で執行されるのが普通です。

即座にゼロカットして欲しい場合はXMポイントを使いましょう。

このゼロカットはXMにとってもメリットがあるので気兼ねなく使って構いません。