仮想通貨

DENT仮想通貨の将来性と今後跳ね上がる可能性を解説!

DENTコインは、モバイルデータ用に選ばれる仮想通貨を目指しています。

果たしてそれは成功するでしょうか?そして、その成功を脅かすものとは何か?

この記事ではDENTがどのように機能するか、さらにメリットとデメリットも解説していきます。

Dent,仮想通貨

1. DENT・仮想通貨とは?

旅行中にSIMカードを変更したり、モバイルネットワークを探したり、手間に思ったことがある人も多いでしょう。

問題は、世界中でモバイルネットワークが非常に細分化されていることです。

国際電話をかけるには、お金もかかるし、不便だし、実際にはとても難しいのです。

 

DENTコインは、この問題を解決するために、ブロックチェーン上に世界規模のモバイルデータ市場を構築します。

DENTコインがどのように役立つのか、いくつかご紹介します。

 

  • 海外への通話
  • 高額な国際電話やデータローミングの回避
  • 旅行中にインターネットにアクセスしやすくなる
  • 発展途上国や地方でのモバイルデータの利用可能性を高める
  • モバイルデータを同業者間で簡単に取引できる商品にする

 

さらに、新しいSIMカードを追加するために携帯電話のいわゆる脱獄をする必要もありません。

もうひとつは、ほとんどの通信事業者のネットワークでは、携帯電話でのインターネット使用量に上限が設けられていることです。

例えば、毎月1GBまたは4GBの契約に制限されています。

DENTを使えば、過大請求やデータ不足を心配する必要はありません。

 

2. DENTコインの仕組みについて

すでにモバイルデータ通信を利用している方は、その限界をご存知のことと思います。

料金が高い、カスタマーサービスが良くない、できることとできないことに制限がある、などです。

例えば、既存のモバイルネットワークは

 

  • 長期契約に限定される
  • 国際データローミングに高額な料金がかかる
  • 一般的に顧客サービスが悪い。通常、海外のコールセンターに電話しなければならず、待ち時間が長い
  • データの買い足しに融通が利かない
  • 手数料や料金、追加料金に妥協しない
  • データプランが硬く、顧客を長期間拘束する(通常2年以上の契約)

 

Dentコインは、モバイルデータの売買や寄付ができるピアツーピアネットワークのマーケットプレイスを提供します。

ここで、ブロックチェーン技術が登場します。

各取引はスマートコントラクトで保護されています。つまり、誰かがトークンとデータを交換した時点で、取引が成立するのです。

 

また、月末までにデータを使い切らず、処分したい場合は、Dentのマーケットプレイスでデータを売って利益を得ることができるということです。

3. DENTコインが解決する問題とは?

DENTコインは、毎月1億4300万ギガバイト以上のモバイルデータが使用されていないという大きな問題を解決します。

また、ほとんどの場合、モバイルデータを翌月に繰り越すことはできません。

つまり、データが無駄になってしまうのです。

これは、通信事業者が多くの利益を得る一方で、顧客が未使用のデータに対して追加料金を支払っていることになります。

DENTでは、FXやウォール街で株や通貨を取引するように、モバイルデータも取引することができます。

理論的には、買い手にとっても売り手にとってもWin-Winの関係です。

 

しかし基本的には、より効率的な従量制モデルを構築し、顧客は中間業者を排除することでより良い取引を得ることができます。

 

電気通信業界のインフォグラフィック

これにより、モバイルデータ業界は解放されます。

お客様は、高額で硬い契約に悩まされることがなくなります。

また、DENTは、モバイルデータ通信に苦戦している地域にも進出できる可能性があります。

欧米諸国ではモバイルデータはコモディティ化していますが、発展途上国ではモバイルデータの入手が容易ではない国がまだまだたくさんあります。

DENTコインは、イーサリアムブロックチェーンのERC20トークンであり、スマートコントラクトの利点も備えています。

DENTコインはイーサリアムブロックチェーンのERC20トークンですから、スマートコントラクトのメリットもあります。ピアツーピアのネットワークとして、通信事業者などの中間業者を排除しています。

 

4. DENT暗号通貨は何をするのか?

Dent仮想通貨は、モバイルデータを他の人と取引することができるマーケットプレイスです。

モバイルデータのeBayのようなものです。

モバイルデータのeBayのようなもので、中間業者や通信会社が取引を売り込んでくることはありません。代わりに、企業ではなく他の人々と取引を行います。

つまり、ユーザーは以下のことができるのです。

 

  • モバイルデータを売買する
  • 未使用のデータを期限が切れる前に現金化する
  • データが足りなくなったら、データを追加購入する
  • 海外で使用するデータを売買する
  • 他の人にデータを寄付する

5. 誰がDENTコインを作った?

DENTコインは、モバイル業界で20年の経験を持つインターネット起業家、テロ・カタヤイネン氏によって設立されました。

また、世界最大級のIMAPサーバー「DOVECOT」を作った共同創業者のMikko Linnamäki氏がバックアップしています。

このコインの最大の問題点は、彼らがブロックチェーンの分野であまり経験を積んでいないことです。

これは後々、彼らが技術を拡大しようとしたときに問題となる可能性があります。

 

6. DENTコインとの違いは何ですか?

主に、彼らのユースケースが異なります。

例えば、OmiseGoやFuel cryptocurrencyのレビューを見てみると、これらの技術はそれぞれ異なる問題を解決していることがわかります。

Dentの場合は、モバイルデータ市場を解放しようとしています。

つまり、モバイルデータがよりアクセスしやすくなり、さらに安く買えるようになる可能性があるということです。

 

また、完璧ではありませんが、アンドロイドのアプリマーケットで平均4つ星を獲得しているように、実際に動作しているアプリを持っている点も異なります。

つまり、ほとんどのICOとは異なり、彼らの製品はベータ版なのです。

 

7. DENTはすでに動いているのか?

彼らの技術はまだ開発中です。

しかし、DENTのアンドロイド用モバイルアプリケーションには、すでに5,500件以上のレビューが寄せられています。そして、そのほとんどがポジティブなものです。

また、メキシコではダウンロードチャートのトップに立ち、すでに160万ダウンロードを達成しているそうです。

Dent,仮想通貨

しかし、まだあまり興奮しないでください。

主にナイジェリアとバングラデシュ向けに開発されたアプリです。主にナイジェリアとバングラデシュ向けに開発しており、現在は発展途上国をターゲットとしています。

これは、このコインにとっては、まずまずのスタートです。

また、彼らがロードマップの約束を果たし始めていることを示しています。

8. ユーザーはDentについて何と言っていますか?

まずは、DENTのユーザーが報告している長所から見てみましょう。

 

  • データの購入が容易である
  • 携帯電話会社から直接購入するよりも安い。
  • 取引所経由でデータを購入できることに好感が持てる

次に、DENTのアプリを好まないユーザーがいる理由を見てみましょう。

 

  • イライラするログイン速度
  • アプリに「リクエストが多すぎて」ログインできない
  • 友達紹介制度があるが、報酬が得られないことがある
  • データパッケージが売り切れになることが多い

このように、いくつかの問題はありますが、良いスタートを切ることができました。

また、このアプリがすでに市場に投入されていることにも感心しました。ただし、これまでのところ、主に発展途上国向けです。

 

9. なぜDENTコインは悪い選択なのか?

モバイルデータ業界の世界中のビッグプレイヤーは、より多くの経験、リソース、そして既存の顧客ベースを持っているでしょう。

そのため、彼らが同様のブロックチェーンアプリケーションを作ることになった場合、DENTコインは追いつくのに苦労するかもしれません。

また、競争力を維持し、取引のインセンティブを高めるためには、DENT経由のモバイルデータが他の携帯キャリアよりも安くなければならない。

では、DENTコインはより安い価格を確保できるのだろうか?

通信事業者がDentについて懸念することの一つに、モバイルデータのアービトラージがあります。

例えば、15GBの大容量データパッケージは、データ1GBあたりの価格がはるかに安くなります。そのため、ユーザーは大容量のデータパックを購入し、Dentマーケットプレイスで1GBごとに販売することができる。

そうなると、損をするのは通信事業者です。

そのため、Dentコインとサービスプロバイダーとの提携が妨げられることになります。

DENTコインのビジネスモデルを成功させるための大きな障壁となるのです。

10. DENTコインの予想を教えてください。

DENTコインのビジネスモデルが成功するかどうかの大きな壁です。

しかし、海外には別のチャンスがあります。

インドやアフリカなどの発展途上の市場に進出できれば、競争相手が少なくなります。

例えば、アフリカでは農村部の29%しかモバイルデータを利用していません。これはDENTにとってチャンスです。

しかし、発展途上国のお客様は消費力がありません。経済的にも強くありません。

DENTの今後の価格を予想

Dent,仮想通貨

DENTは2021年5月から8月までの3ヶ月間、レンジ相場となりました。

ビットコインの暴落により、一旦仮想通貨市場全体が下落しました。

しかし、8月にはレンジを上抜けし、長期移動平均線でサポートされるように押し目を形成中です。

ここから仮想通貨市場の動向が良くなっていけば、価格は新高値更新をすることもあるでしょう。

どちらにしても今後期待される仮想通貨ですから、保有しておくと何十倍という価格も期待できます。

DENTはバイナンスで購入する事ができます。

バイナンスの銘柄検索で、DENTと検索していただければ取引が可能です。

👉バイナンスの口座開設はこちら

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

⇒為替王Twitter

 

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法

 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5