仮想通貨

ライトコイン(LTC)は今後飛び上がる可能性大!将来性を解説

ライトコイン(LTC)とは?将来性をプロが解説

ライトコイン

ライトコインは2011年10月にCharles "Charlie" Lee氏によって作成された仮想通貨です。
ビットコインのフォーク、つまりアップデート版で非常に将来性があります。

ライトコインもビットコインと同様に中央機関に管理されていないオープンソースの決済ネットワークに基づいており、

ブロック生成速度がビットコインよりも速く、作業証明スキームとしてScryptを使用しています。

ライトコインは初期のアルトコインであり、ビットコインは金と呼ばれ、ライトコインは銀と呼ばれています。全盛期では時価総額3位を誇っていました。

構造はビットコインに似ているため、ビットコインに適用されるアップデートのためのテストとしても使われました。

ScryptのProof-of-Workアルゴリズム

Scryptは、パスワードベースの鍵生成機能の事です。このScryptの鍵生成機能は、もともとTarsnapのオンラインバックアップシステムで使用するために開発されたもので、
PBKDF2やbcryptなどの代替機能よりも、ハッカーによる攻撃に対して非常に安全に設計されています。
Scryptは、通貨に対する大規模なハッキングをより困難にするために、Lee氏によって開発されました。ビットコインのSHA-256アルゴリズムは、並列処理の障害となる大量のランダムアクセスメモリ(RAM)を必要としないのに対し、Scryptは必要とします。

2010年代の初め、マイニング事業者がSHA-256ハッシングを解くためのASIC(特定用途向け回路)のような特殊なハードウェアを開発したことで、ビットコインはそのような攻撃に弱いと思われていました。Lee氏は、ライトコインのコンセンサスアルゴリズムをメモリ集約型にすることで、ハードウェアの軍拡競争を阻止しようとしましたが、実際にはGPUの台頭により、
より大きなRAMを必要とするようになったため実現はしませんでした。

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の違い

Litecoinは、Bitcoinの「金」に対する「銀」になることを目指して作成されました。ビットコインと同様に、ライトコインもP2P(peer to peer)のインターネット通貨です。完全に分散化された、オープンソースのグローバルな決済ネットワークです。リーは、ビットコインの欠点を改善する目的でライトコインを開発しました。

ビットコインとライトコインの主な違い↓

ビットコインライトコイン
作成年20092011
作成者サトシナカモトCharlie Lee
ブロック生成時間10分2.5分
発行枚数21億枚84億枚
アルゴリズムSHA-256Scrypt

ライトコインの時価総額はビットコインには及ばないものの、大きな暗号通貨の一つです。2021年3月時点で6,600万枚以上のコインが流通しています。

segWit(Segregated Witness)は、2015年にBitcoinで初めて提案された機能であり、ブロックチェーンのベースブロックの外側にデジタル信号データ「ウィットネス」を分離することで機能するものです。SegWitは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために開発されましたが、この提案はビットコインのコミュニティの中でも論争がありました。

2017年、ライトコインがSegWitを採用しましたが、ライトコインはビットコインに似ているため、より大きなビットコインネットワーク上でSegWitが実行可能かどうかのテストとして使われました。
このテストは成功し、ビットコインはその後SegWitを採用したという経緯があります。ビットコインのブロックサイズを大きくすることを主張するSegWit採用反対派が、ビットコインのハードフォークを行い、結果としてビットコインキャッシュが誕生しました。

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、マイクロペイメントチャネルを使用して、ブロックチェーンの取引能力を拡大するビットコインの第2層技術です。

SegWitの例と同様に、ライトコインへのライトニングネットワークの実装は、ビットコインでイノベーションが可能であることを証明するためのテストの場となっています。

MimbleWimble(ミンブルウィンブル)

MimbleWimbleは、取引金額などの情報を暗号化したり、
不明瞭にしたりする機密性の高い取引を前提としたプライバシープロトコルの事です。MimbleWimbleはブロックサイズを減らし、スケーラビリティを高めることができると主張されています。Charlie Lee氏は、2019年初頭にライトコインがMimbleWimbleの開発を進めることを発表し、2021年初頭の時点で開発が進められています。

ライトコインの半減期は2023年の夏に訪れる

ライトコインは4年に一度、半減期が訪れます。半減期が訪れるとマイナー(採掘者)の報酬は半分になり、それによってマイナーは他の仮想通貨のマイニングをしに行きます。

すると発行速度も減少します。つまり、供給量が減る事で需要とのバランスが逆転し、希少価値が上がり価格も高騰しやすいという事です。

過去チャートを分析すると、基本的に半減期が訪れる前に買っていると儲かります。

ライトコイン,半減期

例えば2015年8月25日は最初の半減期であり、5月から7月の間は陽線で上昇しています。株でも良くありますが、材料出尽くしと言われる現象です。

半減期が訪れてからでは遅く、その前に買っておくと良いです。別の事例ですが、ネムという仮想通貨がありましたが、スナップショットの予定があるとなった時、保有していればジムが貰えるので、買いが集まってずっと上昇していきました。しかし、権利確定日一週間前には、値動きの上昇のみで投資していた人達がすかさず逃げるように売った事で下落していきました。

これは噂で買って事実で売るというような投資の格言がありますが、実際には事実が出る前に利益確定売りが出るので、早めに逃げないといけません。

ライトコイン,二回目,半減期

ライトコインも二回目の半減期である2019年8月5日には、4カ月前に大きく上昇して下落しています。

買うタイミングとしては半減期の8、9カ月前に買って5か月後に売ると大きな利益が得られています。もちろんこれは半減期だけが影響した値動きとは言えないものの、影響は少なからずあるはずです。

もちろん過去二回しかない現象ではありますが、半減期前に底値を付けていればそれまでに上昇する可能性は高そうです。2021年4月に底をついたとして、2年間の下落から一転し、2年後に向けて全戻しの動きで上昇、というシナリオも考えられます。

ライトコインは実際に半減期が訪れた後、二年後には爆上げしているという事実があります。

このままの流れで行くと、2021年は何倍もの上昇が期待できると言えます。

ライトコインのチャートを分析、今後の将来価格を予想

ライトコイン,チャート

こちらは2021年4月24日現在から見るライトコインの月足チャートです。

仮想通貨全盛期の2017年3月から2018年2月までは大きな上昇を見せているものの、長期的には下落傾向にあります。

特に2019年の8月から2021年4月現在まで、レンジ相場(もみ合い)になっており、以前と比べると値動きが少ない状況が続いています。

2021年3月には最安値をつけ、4月には過去4カ月の高値を上抜けるという、少し今までとは違った値動きをしています。

何が違うのかと言えば、2019年の4月から、月足ではずっと下落トレンドでしたが、ついに上昇トレンドに転じたのです。

 

全体の値動きとしてはそれほど大きくは無いように思えるかもしれませんが、2年間の下落から上昇に転じた事で、今後以前のような値動きが復活する可能性があると言えます。

だから私も注目をしてこの記事を書いていますし、実際にライトコインを購入しました。

現在のライトコインの価格は1ライトコイン25000円ほどですが、これが5倍、10倍、良ければ100倍になる事もあり得ない事ではないと考えます。

今まで溜めこんできた売りから上昇に転じる事が出来れば、大きな上昇トレンドを作っていく可能性があります。

もちろん、このまま買いが抑えられてしまえばまたレンジ相場に戻るかもしれませんが、レンジ相場から急激に上昇していく事例はいくつもあります。

最近ではドージコインが良い例です。急騰後に一旦落ち着き、あまり動かないと思った時こそ急騰のチャンスなのです。

この水準でライトコインを買うのはありだと思います。

ライトコインの将来性、5月18日追記

一カ月程前に記事で底値をついたと予想をしており、実際に私も購入していましたが、現在予想通り大きく上昇しています。

ライトコイン,将来性

現在はイーロンマスク氏の発言によってビットコインやアルトコインが軒並み値下がりしている中、ライトコインは強い上昇を見せています。

ライトコインはペイパルの決済にも使える仮想通貨ですし、今後ウォレット機能も実装される予定です。

仮想通貨は投機の対象として見られがちですがライトニングネットワークは高速で決済が行えるため、実際に私達の生活の中で当たり前に使用される日が来るかもしれません。

特にイーロンマスク氏の発言でビットコインの環境問題について悲観的な感想があったため、投資家もビットコインよりも優れた仮想通貨に投資する傾向が市場に反映されています。

今後どのように使われていくのか、アップデート等、将来性には非常に期待できるので、私はまだしばらく保有を続けます。

ライトコインは日本で買えるの?

ライトコインは日本の取引所で普通に買えますので、GMOコインやビットフライヤーなど大手取引所で購入が可能です。しかし、国内取引所での板はマーケットメイクされており、国内で取引しているお客さんと、会社が出している注文と混ざっている状態なので、本来の仮想通貨を取引している事にはなりません。つまり、仮想通貨の仮想通貨を売買しているようなものです。

それにより実際にはもっと安いレートで多くの数量を買えたのにも関わらず、国内取引所であるがために不利な価格で買わされてしまうという事があります。特に、販売所と取引所が別れており、販売所は取引相手が100%会社側になるので、相当不利なレートで買わされてしまいます。本当に有利なレートで買いたければ、世界中の人が取引をしている本当のブロックチェーンの海外の取引所を使わないといけません。

また、日本の取引所だと仮想通貨の種類があまりに少なく、今後上がる可能性の高い新規上場したばかりの仮想通貨や、マイナーな仮想通貨の取引は出来ません。

そのため、世界最大手の取引所、バイナンスの口座も持っておくと良いです。日本で取り扱いのないドージコインや、これから上がると注目しているレイヴンコイン、シアコイン、エイダコインなども買う事が出来ます。

バイナンスでの購入方法、買い方手順

それでは送付の手順を見て行きましょう。

バイナンスに入金するためには、クレジットカードが使用できないため、日本の取引所で仮想通貨を購入して送付する必要があります。

もちろんライトコインも国内取引所で買って、バイナンスに送付する事が可能です。

①メニューからフィアットと現物(入金&出金)をクリック。

ライトコイン,バイナンス

②送付する仮想通貨の入金をクリック。ここではBTCの入金を選択します。

ドージコイン,入金,ビットコイン

 

その後BTCのウォレットのアドレスが表示されますので、それを国内口座で送付する際に入力します。

そして送付をすると金額にもよりますが、30分程度で送付されます。

ビットコインでライトコインを買う方法

上メニューのマーケットからゾーンを選択するなどするとLTC/BTCというペアが出てきます。こちらのトレード開始を選択。

バイナンスコイン,バイナンス,買い方,購入方法

仮想通貨ペアがLTC/BTCである事を確認します。もし別のペアだったら右の検索窓から検索して下さい。

既にビットコインが国内取引所から送付されている場合、簡単な買い方としては注文画面のマーケット(成行き注文)を選択、どれだけ買うかはパーセント表示のバーを横にスライドすると選択できます。

数値でも入力可能です。全額ライトコインにする場合は一番右の100%にして購入BNBを押します。

購入された通知が出ますので完了です。売る時は右の売却LTCを押して決済出来ます。決済する時はLTC/BTCの場合ビットコインが戻ってきます。

指値注文(この値段になったら買う)などの取引をしたい場合はリミットを選択して数値を入力します。売却も指値注文を入れておけばその価格になって約定すれば決済されます。

出金方法

出金もウォレットのフィアットと出金から出金を選択し、国内口座のビットコインのウォレットのアドレスをコピペします。

出金ネットワークはBTCで問題ありません。

かなり簡単だと思いますので、ぜひ口座開設をして挑戦してみて下さい。

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

→為替王Twitter

→インスタグラム

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法


 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5