仮想通貨

BTT仮想通貨の将来性と今後の価格をチャート分析!購入方法も解説

BTT(BitTorrent)トークンとは?

BTT,仮想通貨

BitTorrentは、インターネット上で電子データやファイルを配信するためのプラットフォームとして普及しています。P2Pネットワークは、場所にもよりますが、インターネット全体のトラフィックの43%から70%を占めていると言われています。BitTorrentプロトコルは、ビデオクリップ、テレビ番組、映画、オーディオファイル、ゲームなどの大容量ファイルを配布するためのプラットフォームとして、すでに実績があります。

TRONも同様に、P2Pに特化したネットワーク技術として運営されており、オーディオやビデオなど、あらゆる種類のデータを無制限に保存・アップロードできる世界的なOSになることを目指しています。これらのコンテンツは、すでにBTプロトコルで主流となっているため、トロンの創設者であり、BitTorrentのCEOでもあるJustin Sunは、この目的と技術を次のように表現しています。

"TronとBitTorrentは、カミソリと刃のようなものだと思ってください。非中央集権を原動力とする新しいインターネット経済を創造するには、両方が必要です。私たちはBTTを種にして、ウェブ上にイノベーションとアプリケーションの市場を提供します"

仮想通貨(トークン)名BitTorrent(BTT)
時価総額2021/5/11現在、4,881億円
現在価格0.7円
市場ランキング44位
市場占有率0.11%
公式サイトBTT
取り扱い取引所バイナンス

 

👉バイナンスの口座開設はこちら

BTTトークンの仕組みは?

BTTトークンを開発したチームは既存のノウハウを、トークンベースのシステム運用に応用する事を目指しています。BTTは、BitTorrentプロトコルのユーザーとサービスプロバイダーおよびリクエスターとの間で、コンピューティングリソースに関わるトランザクションを容易にするためのブリッジとして機能することになっています。

将来の様々なサービスに関わる取引は、BTTトークンに置き換わります。それは提供されるサービスの価格設定に幅を持たせるために、トークン自体を可能な限り広く分割できるようにするという役割があります。トークンの送受信は、オンチェーン/オフチェーンの取引所を介して行われ、それにはp/qの両方が含まれます。

BTTチームは、トレントユーザーの間でトークンが採用されていくかどうかは、まだ予測の段階ですが、現時点で約10億台のデバイスが使用されている事から、大規模なBitTorrentの将来性に期待しているとの事です。BTTトークンの将来的な価格上昇は、予定されている9900億トークンの供給のうち、理論的には1デバイスあたり990BT程度の供給で確保されます。

トークンは、Tronチームが企画する毎月のエアドロップの一部として配信され、2019年2月から2025年2月まで、年々規模が拡大し、Tronの投資家への報酬として提供されることになっています。

👉バイナンスの口座開設はこちら

BTT、仮想通貨の特徴や将来性

2018年8月にTRONによって買収されました。BitTorrentはデータをダウンロードしたと同時に同じファイルをアップロードするというP2Pの技術を使用していましたが、それではダウンロードするユーザーは増えてもアップロードするユーザーは増えないという問題があったため、アップロードした人には報酬を与えるという仕組みにしたのがBitTorrentの新しいプロジェクトです。

このプロジェクトでBTTトークンが発行されて報酬を与える仕組みが確立されました。

2019年には世界最大の取引所バイナンスを通じてIEOを行いました。これは仮想通貨上場の資金調達のために行われたもので、わずか13分で8億円を調達しました。

また、BitTorrent Speedでは、BTTを支払うと優先的にファイルをダウンロードできるという特徴があります。

BTTは機能面でも申し分ない特徴を持っていますし、注目度も高い仮想通貨です。将来的には多くの競合を出し抜けるか、どれだけ注目を集められるかが価格上昇の肝になるでしょう。

👉バイナンスの口座開設はこちら

BTTのチャート分析

Btt,仮想通貨,チャート

2021年8月6日現在、BTTUSDTの日足チャートです。4月5日に高値をつけ、大きな上髭が出ています。急騰による利益確定売りで相場が落ち着いたところで、ビットコインの下落の影響を受け、大きく下落しました。

しかし、その後長い下ヒゲを2回つけ、ダブルボトムの形になり、上昇トレンドへ転じています。

現在はまだ上昇トレンドに転じてからまだそこまで時間が経過していないため、そこまで大きな上昇はしていませんが、そろそろ急騰していく可能性が高いです。今後の価格はどこまで行くか分かりませんが、時価総額に対して価格が安いので、今後価格が10倍、100倍になる可能性もあり得ます。少なくとも最高値からの下落の半値までは戻し、勢いがあれば最高値更新を目指していく動きになるでしょう。

間違いなく今が買い時です。

👉バイナンスの口座開設はこちら

BTT(BitTorrent)仮想通貨は日本で買える?

ここでは仮想通貨のBTTの買い方を分かりやすく解説します。

BTTは現在日本では購入できないので、世界最大の仮想通貨取引所、バイナンスで購入できます。

こちらは日本語対応していますので、日本人でも安心して使う事が出来ます。

日本の取引所でビットコイン等を購入し、それをバイナンスに送付する事で購入する事が出来ます。

👉バイナンスの口座開設はこちら

バイナンスでのBTTの購入方法、買い方手順

それでは送付の手順を見て行きましょう。

バイナンスに入金するためには、クレジットカードが使用できないため、日本の取引所で仮想通貨を購入して送付する必要があります。

①メニューからフィアットと現物(入金&出金)をクリック。

BTT,バイナンス,購入,買い方

②送付する仮想通貨の入金をクリック。BTCならBTCで入金をクリックします。

BTT入金,ビットコイン

 

その後BTCのウォレットのアドレスが表示されますので、それを国内口座で送付する際に入力します。

その後送付が出来れば金額にもよりますが、数分後には着金されるはずです。

👉バイナンスの口座開設はこちら

仮想通貨でBTTを買う方法

ここでは仮想通貨を送付した場合のBTTの買い方を説明します。

BTTはビットコインでは買えないので、送付したビットコインをBNBやUSDTに変換してから買う必要があります。

ここではBNB(バイナンスコイン)で買う場合の方法を解説します。

上メニューのマーケットからゾーンを選択するなどするとBNB/BTCというペアが出てきます。こちらのトレード開始を選択。

BTT,買い方,バイナンス

 

仮想通貨ペアがBNB/BTCである事を確認します。もし別のペアだったら右の検索窓から検索して下さい。

BTT,買い方,バイナンス

BNBBTCを選択してトレード画面に移ります。

BTT,買い方

既にビットコインが国内取引所から送付されている場合、簡単な買い方としては注文画面のマーケット(成行き注文)を選択、どれだけ買うかはパーセント表示のバーを横にスライドすると選択できます。

数値でも入力可能です。全額BNBにする場合は一番右の100%にして購入BNBを押します。

その後、先ほどの手順に戻り、今度は変換したBNBをBTTに変換します。今度はBTT/BNBの通過ペアを検索し、そこで同じように全額購入すれば、BNBをBTTに変える事が出来ます。

購入された通知が出たら完了です。売る時は右の売却BTTを押して決済出来ます。決済する時はBTT/BNBの場合バイナンスコインが戻ってきます。

指値注文(この値段になったら買う)などの取引をしたい場合はリミットを選択して数値を入力します。売却も指値注文を入れておけばその価格になって約定すれば決済されます。

👉バイナンスの口座開設はこちら

出金方法

国内口座に出金する場合は、一旦ビットコインなどに変換すればOKです。

ウォレットのフィアットと出金から出金を選択し、国内口座のビットコインのウォレットのアドレスをコピペします。

出金ネットワークはBTCで問題ありません。

かなり簡単だと思いますので、ぜひ口座開設をして挑戦してみて下さい。

👉バイナンスの口座開設はこちら


こちらの記事もおすすめ👇

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

⇒為替王Twitter

 

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法

 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5