FXで大損する理由【もうどうにでもなれ効果】が原因。心理学解説。

FXで負ける人に共通する特徴

もうどうにでもなれ効果,

FXで一度大きな含み損を抱えてしまうと、「もうどうにでもなれ!」と、損切りしたほうが良いのにも関わらず損切が出来ない人がいます。

基本的に自分のシナリオとは違う方向へ行ってしまったり、ルールを破ってしまった時は損切をするべきです。

しかし、一度そのルールを破ってしまうと、ルールを守れなかった自分を正当化する心理が働きます。

こうなると、間違った判断を肯定して「もうどうにでもなれ!」と、損切が出来ずにずるずると損失を引き延ばして強制ロスカットという運命になります。

もうどうにでもなれ効果の連鎖反応が恐ろしい

もっと嫌な所は、この判断をしてたまたま助かってしまうと、損失を引き延ばす事が正義だと捉えてしまうようになり、繰り返し同様の行為をするようになります。

こうなってしまうと必ずいつか口座の資金を全て吹き飛ばす事になりますので注意して下さい。そして、何度も繰り返し同じ過ちを繰り返していると、相場に取り組む行為自体が「どうにでもなれ!」となってしまうため、投資ではなくギャンブルになってしまい、依存症のようになってしまう危険性まであります。

こういった自分の感覚に100%正直に行動していると、必ず負けてしまうでしょう。

そうならないためにも、きちんと相場の本質を理解し、自分の感情を入れずにトレードする事が大切です。

FXの入金も慎重に考える

こういった相場の時、買いたいと思ってしまった人は初心者の方に多いでしょう。

投資の鉄則は逆張りです。上がっている時に更に買うという行為は、それだけ不利な状況にいるという事です。

もしマスクが1000円で売られていて、3000円に値上がりしたとします。そこで「もっと買いたい!」と思いますか?そうです、普通は大多数の人は買いたくなくなるはずです。

しかし相場の世界では、上がっても更に資金を投下していく者がいればどんどん上がっていきます。それと同時に、安い価格で買っていた人はどんどん売りに転じていきます。

これは当たり前のことで、買ったら売らなければいけないので、どこかのタイミングで見切りをつける必要があります。

ヒントを出すと、売りたい人が多いタイミングで買うのは圧倒的に不利という事です。

こういった時に口座に資金を入金して買いたくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、そこでも「どうにでもなれ!」という自分がいないか考え直してください。

今買う事で不利な相場状況ではないか、もっと待った方が良いのではないかという事も考える必要があります。特に負け続けている人は負けを取り戻したいと思い、やけになってしまう事もありますから、自分の脳を把握して、「この気持ちは自分にとって正しい判断だろうか」と一度冷静になって考える事が必要です。

ダイエットや日常生活でも同じ

ダイエットも一度計画を立てても痩せられない、食べ過ぎてしまうという人は多いはずです。

「少しくらいいいか」とか、「友達と食べている時くらい仕方ないか」と一度でも計画を破ってしまうと、そこから自己嫌悪になり結局元通りになってしまいます。

しかし、このような心理効果があるという事を知り、自分が間違った判断をしてしまったら、次から気を付けようとマインドを立て直せば問題ありません。

勉強をしようとしても続かなくて一回サボった事から全く手を付けられなくなる事もあるでしょう。そういった時には一旦休んで、毎日少しだけでも触れる機会を作るといった程度でも問題ありません。

やる気がない時に無理をしても良くないですし、自分が本気になれるまで待つことも大切です。