【注意喚起】FXのブレイクアウト手法とは?使ってはいけない理由をプロが解説。

FXのブレイクアウト手法には手を出すな!

今回はプロトレーダーである私が初心者の頃によく使用して負けていた、ブレイクアウト手法について解説します。

ブレイクアウト手法とは

一般的にブレイクアウト手法はレンジ相場などで使用されており、レンジを上抜けたところで大きな動きが出やすい事から、その付近、又は上抜けた直後に飛び乗りでエントリーしようという作戦です。

どうしてもチャートを見ていてレンジ相場の時は、「これからどっちに進むのだろう」と迷ってしまいがちです。

この手法のメリット以下です。

  • 短期間で利益を得られる可能性がある
  • エントリー場所が初心者でも分かりやすい
  • 上手く行けば大きな上昇が取れる

しかし、デメリットは多数あります。

  • ロットを高めがちのため損失が大きい
  • レンジ相場のため、含み損を抱えた時にまた上がるだろうと思いやすい
  • 利確ラインが不明確であるため、損切のラインが曖昧になりやすい
  • 騙しが多く、何度も損切を繰り返す可能性が高い
  • レンジ相場のため長期戦になる事が多く、疲れやすい

これだけでもかなり苦労する手法だと分かると思います。

それでは実際のチャートを使用して解説していきましょう。

実際のチャートで負ける理由を解説

それでは、実際に当時私がやっていたように水平線のラインをレンジに引き、エントリーのポイントを記しました。赤い縦ラインから左側が過去チャートで、そこから右側にリアルタイムでチャートが進んでいき、エントリーしていくイメージで見てください。

ブレイクアウト手法,解説,チャート,デメリット,

豪ドルの一時間足です。

まず、この時同じレート付近でチャートが反発しているのが分かります。

レンジ相場のため、まだどちらにエントリーするかは決めておらず、どちらか一方に抜けたところでエントリーしようと考えます。

売りエントリー1では水平線のラインを下抜けたため、エントリーをしたものの、次の二つ目のロウソク足で一気に上昇してしまい、「こんなに強い上昇なら逆に上に抜けてしまうのか」と思い、損失を確定して買いエントリー1を行います。

しかし、ここでダマシに遭ってしまい、すぐに含み損を抱えてしまいます。

今度はそこから更に売りの水平線のラインをもう一度超えたところで、売りエントリー2をして、ようやく利益が出ます。

その後、今まで出た損失分を取り返そうと長く保有しようと考え、じっとこらえます。

↓その後のチャート

ブレイクアウト手法,FX,解説,

しかし、結局二回の損失分を埋める含み益も出ないまま、含み益はみるみるうちに減っていきます。損切りしようと考えても、「一度含み益が出たのだからまだチャンスはある」と考えてしまい、中々損切が出来ません。

ついに引いていたレンジのラインを割ってしまいましたが、「きっとまた下に抜けるだろう」と、含み損に耐えるようになります。

FX,チャート,ブレイクアウト,解説,

そして結局引いていた水平線の上のラインも抜けてしまい、やばいと思ってもあまりの損失の大きさに動揺してしまい、損切のボタンが押せません。

そして証拠金維持率が低下し、「もう駄目だ!流石に損切をしよう」と思った所で強制ロスカットされてしまうというオチです。

長すぎるレンジに翻弄されないように

ドル円の15分足です。

ブレイクアウト手法,解説,チャート,レンジ相場,

このようにレンジは基本的に長引きますので、もしこの中でトレードをしてしまえば、「いつまでも中々稼げない」という気持ちで余計に冷静になれなくなってしまいます。

また、こういった所では無駄なトレードが増えやすかったり、安易にスキャルピングをしようとしても大して稼げず、手数料がかさんでしまいます。

何よりレンジ相場の場合は手を出さないという事が一番重要な事なのです。

あなたのブレイクアウト手法には根拠がありますか?

今回紹介したのは私が昔使用していたやり方ですので、この手法に根拠などは殆どありません。実際に水平線のラインを抜けたとしても、そこからダマシがある可能性を考慮せず、「すぐに損切りすれば大丈夫」程度に考えていました。

もちろんその損切のラインも曖昧で、感覚によるところが大きかったのです。

特に冷静になれないレンジ相場では何度も振り回されてしまいがちですので注意が必要です。

また、昔は利益確定のラインも、「自分が満足する利益が出たら確定する」といった感じでしたので、相場の根拠などを考慮せず、自分中心のトレードでした。

もし、過去の私と同じようなトレードをしていると感じたら今すぐトレードを一旦休止する事をおすすめします。

私が勝てるようになった手法

私が勝てるようになった手法は、過去のように自分中心のトレードではなく、エントリー、利益確定、損切り、どれも相場の根拠に基づくものになっており、冷静な判断が難しいFXトレードにおいても、より心理的に冷静になりやすいトレードを追求してきました。

そのため、私の手法はメンタルにも優しく、何故ここでエントリーすれば勝てるのか納得していただけるため、今まで分からなかったチャートがみるみるうちに分かるようになります。

勝てるポイントを知っていれば余計なトレードはもちろん減りますし、何より利益が積み上がっていく喜びを感じる事が出来ます。

スキル販売サイト、ココナラにて手法を公開していますので、本気で勝ちたい人は是非学んで下さい。