FXの知識

FXの水平線の真実を暴露!初心者の水平線トレードは星占いと同じ。

水平線だけを使ったFXトレードでは勝てない

さて、多くの人が水平線を使用してトレードをしていますが、勝てていますでしょうか?

実は多くの人が水平線を使用して負けているのが現実であり、世に出回っているやり方は間違いだらけなのです。

今回はなぜ水平線だけのトレードをやってはいけないのか、水平線を引く意味と、もし引くならどうするか、根拠のある引き方をプロが伝授します。

水平線は機能する時としない時がある

水平線

画像は拡大可

さて、多くの人は水平線を「どこに引けばよいのか」迷う人が多いはずです。

それもそのはずです。水平線は機能する時もあればしない時もあるからです。上図の画像は悪い例ですが、ヒゲで反発があった箇所を中心にラインを引いています。

ヒゲが出ているという事はそこで「買われている」、又は「売られている」訳ですから、サポートラインやレジスタンスラインの概念を考えれば、その場所にラインを引く事は正しいとも言えます。

しかし、過去チャートに実際にラインを引いていただければ分かりますが、このような水平線では、未来に同じように反発する事もあれば、逆にそこを抜けてしまう事もあるわけです。

これは、「上がるかもしれないし、下がるかもしれない」と言っているのと同じことです。

それなら為替相場自体、上がるか下がるかの二択ですし、水平線を引かなくても良い事になってしまいます。

これでは星占いと同じで、適当な事を言っているだけになってしまいます。

よくある一般的な水平線の手法では勝てない理由

水平線、FXで検索すると出てくるサイトには、高値と高値を結んだ線がレジスタンスライン、安値と安値を結んだ線がサポートラインと書かれています。

これは普通にダブルトップダブルボトムであり、別に水平線を引く意味はなく、しっかりと反発が確認出来てさえいればそのままエントリーすれば良いのです。

水平線を私が使う時には単体では使いません。

まずは例として、ドル円の日足チャートで私がどのように相場を分析しているのか解説します。

ドル円,分析

まず、トレンドラインを引き、トレンド転換があった場合、直近高値、直近安値に水平線を引きます。

トレンドの転換についてはダウ理論の記事で解説していますので、分からない方はそちらをご覧下さい。

その後、トレンド転換したという事は下目線になりますので、長期的に下落していく可能性が高くなります。

ここから、直近高値を超えてしまえば再度上昇トレンドに変わってしまうので、そこまでいかなければとにかく下がると思っていれば良いです。これは私のツイッターでの相場予測を見ている方なら分かると思いますが、ほぼ大まかな予想が外れる事はありません。それくらい確率が高いです。

特にトレンド転換後のブレイクは大きく値が動くことが多いのは、それだけ世界中のトレーダーが意識しているポイントであるからです。

直近高値や直近安値には損切を置いている人が多く、そこを割り込めば大量のロスカットによって価格が大きく動くのです。

だから直近高値と直近安値には水平線を引く意義があるのです。

ドル円,分析

その後のドル円チャートです。下落して三尊のように反発があっても、この時点では下目線であるため大きく上昇する事はありません。

その後も下落を続け、下落トレンドの最終に日足レベルで長い下髭が出た場合、底打ちを示唆します。逆に先ほどの画像のようにトレンドの転換時に出た大きな下髭は一旦は反発し、その後ブレイクしていく事が多いです。

ビットコイン,分析,水平線

先ほどの分析をすれば、今後のビットコインの動向も分析する事が出来ます。

三尊天井となり一旦直近安値を抜けてトレンド転換しました。先ほどのドル円チャートと同じように、トレンド転換後は大きな下髭を付けています。そして一旦は反発があるものの、トレンド方向は下ですので、下がりやすい傾向となります。過去ドル円チャートと似たような動きであれば、その後もう一段階下落し、もう一度下髭をつけて、レンジを作り、ダブルボトムや逆三尊のような形を形成して再度上昇と言ったシナリオが考えられるでしょう。

 

※2021年9月11日追記

こちらがその後のビットコインの値動きです。ビットコイン,値動き

ほぼ予想通りの値動きとなっており、暴落後の半値戻しまで来ています。

半値の値で何度も跳ね返って、もう一度抜け、急落して半値を割り込んでいる現状です。

細かく見れば上昇トレンドから下降トレンドに転換していますが、週足で見ればまだ上昇途中の押し目と見ることができます。

この半値付近からどちらに抜けていくかが今後の値動きに大きく影響してきますので、ここから何度か半値付近を試すレンジのような状態になり、今回の急落から全値戻しなどの回復があれば、強い買いが入ると予想します。下落の勢いが収まらなければ4万ドルを割り込む可能性はありますが、一度レンジになっていた部分であり、サポートラインとして大きな買いが入るポイントです。どちらにしても長期的に見れば上昇していく可能性が高いと言えるでしょう。

FXで勝つための本質とは

FXの醍醐味は何と言ってもレバレッジです。

少ない資金で大きな利益を稼ぐ事が出来るため、比較的元手が少なくても大きな利益が得られます。

そのため一気にお金持ちになる事が出来る反面、ハイリスクハイリターンと言えます。

今回の相場分析方法であれば、大まかな相場の流れが分かるため、低いレバレッジでのトレードや、株や仮想通貨での現物取引であれば、含み損を抱えても長期で保有していれば勝てるようになる確率が高いです。

特に、このような明確なサインが出ていない値動きの場合や、大まかな値動きに乗るということは、基礎的なテクニカル分析を学んだり、経験値をためていけば分かるようになります。

短期トレードやハイレバレッジで稼ぎたいという場合は、これ以上にさらに高度なテクニックが必要になります。

私の行っている手法は、エントリー後すぐに含み益になり、確実な所だけに絞ってトレードする手法です。

 

どこでエントリーすれば良いか、損切のライン、利確ライン等、最も大切なポイントを包み隠さず公開しています。

具体的で明確なトレード手法を学んで、あなたのトレード人生を大きく変えてください。

絶対にプロになりたい方は全手法の購入必須です。

本音で言うと、これ以上良い手法は他に無いと言い切れます。これ以上学ぶ必要も無くなります。

購入していただければその事が分かります。

 

専業を目指す方におすすめのFX手法

⇒FOREX KINGトレードの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

⇒為替王Twitter

 

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法

 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-FXの知識

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5