仮想通貨

Reef(リーフ)仮想通貨の将来性と今後の値動きをプロが予測

Reefプロジェクトとは?

Reef,仮想通貨

Reef Financeプロジェクトは、様々なDeFiアプリケーションを一箇所にまとめ、DeFiエコシステムへのユーザーアクセスを容易にするプラットフォームを作ろうとしています。Reef Financeでは、1つのプラットフォームで様々な資産の購入、トレード、ステーク、ローン、借り入れが可能になります。

Reef Financeは、あらゆるDeFiプロトコルの統合を可能にする、流動性アグリゲーターとマルチチェーン・スマート・イールド・エンジンです。Polkadot社と共同で開発され、セキュリティモデルをエコシステム全体で共有しながら、クロスチェーン統合を可能にしています。Reefは、個人投資家が大きな技術的障壁なしにDeFiにアクセスする方法を提供し、意思決定プロセスを支援します。

分散型金融(DeFi)プロジェクトは、その人気の高さから近年ますます増えていますが、いずれのプロジェクトも相互運用性の欠如という問題を抱えています。

このため、ユーザーは、DeFiが提供するすべての機能を利用するために、いくつもの異なるアプリケーションを使用しなければならず、不満を感じています。ユーザーが好みのDeFiアプリケーションを1つの場所で操作できるシンプルなインターフェイスがあれば、素晴らしい解決策になるはずであり、それこそがReef Financeが作られた理由です。

👉バイナンスの口座開設はこちら

Reefのエコシステム

Reefは、すべてのユーザーのためにDeFiのエコシステムの簡素化を目指します。
また、このプラットフォームにはAI駆動のシステムが搭載されており、初心者の方でも暗号資産の管理が非常に簡単になります。様々なリスクレベルに対応し、カスタマイズ可能で、個々のユーザーのポートフォリオに役立つ設定にすることができます。

また、このシステムには、システムのガバナンスやエコシステム内の手数料の支払いに使用できるユーティリティー・トークン「REEF」が含まれています。

また、Reef Financeは非親告罪のプラットフォームとして作られているため、ユーザーは自分の秘密鍵へのアクセスを放棄する心配はありません。また、Polkadotを使用しているため、プラットフォーム全体が攻撃から守られています。これらのことから、プラットフォームからの盗難による資金の損失の可能性は極めて低いと考えられます。

Reefは何故ポルカドット上で構築されているのか

ほとんどのDeFiプロジェクトはEthereumネットワーク上で実行されていますが、なぜReefはPolkadot上で構築されているのでしょうか。Reefは、スピードと取引コストの面でユーザーベースに利益をもたらす方法として、Polkadot上で展開するという選択をしました。Polkadotは、Ethereumネットワークでは常識となりつつある、手数料の高騰や取引時間の超過といった問題を回避することができます。イーサリアム2.0はこの問題を解決するためのものですが、イーサリアム2.0が完全に展開されるまでには長い時間がかかると思われます。

Reed,ポルカドット

ReefはPolkadot技術を使用して、高騰する手数料や過剰な取引時間の問題を回避しています。
PolkadotはEthereumに共通する問題を抱えておらず、今後も抱えることはないと見られています。パラケインを使うことで、ネットワークの混雑が起こりません。また、Reefが必要としている相互運用性にも貢献しています。Polkadotに展開することで、Reefは様々なネットワークからサービスや製品を取り込むことができます。

Reefのプラットフォームは、相互に補完し合う3つの主要なコンポーネントで構成されています。その3つとは、「グローバル・リクイディティ・アグリゲータ」「スマート・イールド・ファーミング・アグリゲータ」「スマート・アセット・マネジメント」です。

Reefプラットフォームは、最大級の暗号取引プラットフォームと接続し、比類のない流動性を提供しています。ユニークな要素は、集約された流動性がすべてDEXやCEXを経由することです。これにより、ユーザーは高額なスリッページや高額な取引手数料など、2つの異なるソースのデメリットをヘッジすることができます。

👉バイナンスの口座開設はこちら

リーフの流動性

ReefはCEXとDEXの両方から流動性を得ています。
中央集権的な取引所の流動性はブローカーサービスを通じてアクセスされ、分散型の流動性はオンラインのオーダーブックやAMMから得られます。さらに、流動性を集約することで、フロントランニングや市場操作などの問題からリーフのユーザーを守ることができます。

Reef,仮想通貨

リーフの取引端末

Reefは、Polkadotアトミックブリッジを使用して、エコシステム内の流動性を集約しています。これには、BinanceやHuobiといった世界最大の暗号取引所が含まれます。非中央集権的な取引所と中央集権的な取引所が含まれていることで、ユーザーは最大の流動性にアクセスすることができ、スリッページやスプレッドを低く抑えることができます。これにより、リーフでの取引は、簡単で多様性があるだけでなく、手頃な価格になります。

スマート・イールド・ファーミング・アグリゲーター

リーフのもう一つの特徴は、イールドファーミングをシンプルにすることで、収益性は高いが複雑な資産運用を一般のユーザーにもわかりやすくしていることです。Reefが採用しているバスケットエンジンは、様々な資産のバスケットに出資することで、誰でもイールドリワードを得ることができます。

また、マイニング、借り入れ、貸し出しなど、他のDeFiサービスも自動化されています。バスケットエンジンは、"Yield Engine "と "Intelligence Engine "を組み合わせて実現しています。ユーザーは、「Reef AI」によって、個々のユーザーのニーズや目的に応じた資産運用が可能になります。

リーフトレーディングターミナル

リーフでは、CEXやDEXの流動性をまとめて提供しています。
Reef Yield Engineは、ユーザーが利用可能な資産バスケットのいずれかに賭けることを可能にし、そのプロセス全体は、経済的な目標に基づいて設定されたAIを使用して自動化することができます。ユーザーがシステムを設定し、各バスケットに資産を割り当てると、AIがポートフォリオを動的に調整し、リバランスし、必要に応じてより適切なバスケットに資産を移動します。

👉バイナンスの口座開設はこちら

REEFトークン

REEFトークンは、Reef Financeプラットフォーム用のネイティブユーティリティートークンです。REEFトークンには、プラットフォーム上で、プロトコルのガバナンスメカニズムや報酬構造を強化するなどの機能があります。もちろん、交換手段としても使用可能で、多くの取引所で取引が可能となっています。

Reef,トークン

REEFトークンの主な用途を4つ紹介します。

ガバナンス:新機能のリリースやシステムの特定のパラメータの再調整など、さまざまな提案に投票する。
プロトコル手数料:バスケットへの参入/退出、再配分、リバランスなどの操作に対して手数料を支払う。また、プール間の流動性の移動にも役立ちます。
ステーキング:様々なプールにステーキングして、優先的にAPRで利益を得ることができます。
利回り配分:自分のバスケット内のアクティビティで発生した利益の配当率を選択します。
また、ネットワークの維持に協力することでREEFトークンを生成する方法もあります。Network Collator」と呼ばれるグループがパラチェンのフルコピーを保持し、Polkadot Ledgerの形成に役立つ新しいブロックを作成します。ネットワークの信頼性と正確性の維持に貢献した見返りとして、彼らはREEFトークンを受け取ることができます。

ネットワーク・コレータに割り当てられるREEFトークンは、プロトコル・フィーとして支払われるガスから得られます。ネットワーク・コレータ・フィーの支払いを必要とする取引には、トランザクション処理、スマートコントラクトの展開、ガバナンス提案の提出などがあります。

ReefのICO

リーフは、2020年9月にプライベートセールを開催しました。ここではおよそ42億のREEFが平均約0.00095ドルで販売されました。REEFトークンが2020年12月下旬に取引を開始した際には、0.02792ドルで取引が開始され、初期の個人投資家には大きなリターンがもたらされました。

価格は最初の高値からすぐに下落しましたが、数週間のうちに再び回復し始め、2021年1月下旬現在、価格は0.02ドル以上で推移しており、初期の投資家に1,600%以上のリターンをもたらしています。DeFiトークンとして、DeFiの人気が続く限り、さらなる利益が期待できます。

Reefのチャートと価格予測

Reef,チャート,価格予想

Reefは現在上昇トレンド転換を試している真っ最中です。

仮想通貨市場全体の暴落から、週足レベルで5週間連続の陽線をつけて上昇しています。

ここから赤い抵抗ラインを上抜けて推移することが出来れば一気に新高値更新まで伸びることが期待できます。

現在ちょうど長期移動平均線を上回るかどうかの価格帯に位置しているため、ここで大きな上昇があれば一気に抜けていく可能性があります。

どちらにしても、今は間違いなく買い時で、ここを逃してしまうと数年後には10倍、100倍になっていることもあり得るでしょう。

Reefは大手仮想通貨取引所、バイナンスで購入可能です。早めに仕込んでおくと良いでしょう。

👉バイナンスの口座開設はこちら

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

⇒為替王Twitter

 

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法

 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5