仮想通貨

XDC仮想通貨はどこで買う?今後の将来性と日本での買い方を解説

XDC(XinFin Network)とは?仮想通貨を解説

XinFinネットワークは国際貿易と金融に最適化されたハイブリッド・ブロックチェーン・ネットワークです。XDCプロトコルは、スマートコントラクト、ほぼゼロのGAS手数料、2,000トランザクション/秒(TPS)、2秒の取引時間、マスターノード(バリデーターノード)へのKYCなどをサポートするように設計されており、企業と小売の両方に強力なプラットフォームを提供します。95%以上のネットワークノードがコミュニティメンバーによって運営されているため、ネットワークは完全に分散化されており安全性が高いです。

取り扱い取引所はこちら⇒Bitfinex

XinFinのビジネスモデルの主な指針は、プロトコルの採用を通じてXDCネットワークに価値をもたらすことです。

XinFinはブロックチェーン間の相互運用性を求めていますが、そのネットワークはスマートコントラクト機能、+2,000TPS、ほぼゼロの手数料、インスタントファイナリティなど、大きな強みを持っています。それがプラットフォーム上での安定的なコインの供給につながっており、わずかな手数料を支払うだけでXDCネットワーク上のアプリケーション(代表的なDappsである「TradeFinex」と「Blockdegree」を含む)は、効率よく動作します。

さらに、アプリケーションで発生した手数料の一部は、バーニングコントラクトに流用されるようにコード化されており、そのコインは永久にバーン(破棄)されることになります。つまり、バーンされたコインには二度とアクセスできないのです。これにより、コインにデフレ圧力がかかり、使えば使うほど希少性が増すことになります。

TradeFinexのようなアプリケーションでは、規制対象の金融機関やフィンテック企業がSaaS型モデルとしてプロトコルを利用し、中小企業への資金供給に向けた流動性の確保や、ステークスによる利回りの創出を行うことができます。

全体として、XDCは現実世界の金融とDeFi市場を結びつけるのに適したポジションにあるとXinFinのチームは考えているようです。XDCがバイヤー、サプライヤー、政府、銀行などの機関の支払い義務を記録するスタンダードになることをXinFinは目指しています。

XDCのチャート分析

xdc,チャート

XDCは現在高値圏で推移しています。価格は安いので今後も伸びていく可能性は高いでしょう。2021年5月8日現在は上髭を二回付けています。一回は利益確定圧力によって下落するかもしれませんが、下がったら買いを入れていくと良いでしょう。上場している取引所も一社しかないので、今後他の取引所で取り扱いが始まれば、さらに多くの取引量が期待出来るため、上昇する可能性も上がるでしょう。

XDCは日本で買える?

XDCは日本の取引所には上場していません。海外取引所には一社、Bitfinexという取引所で買う事が出来ます。

ただし、過去にハッキングの被害を受けており、評判としてはそこまで良くありません。ただ、その件でセキュリティが強化されたようですので、そこを許容出来れば口座開設しても良いと思います。

2ファクタ

口座開設後はGoogleAuthenticator(2段階認証)アプリを使用し、必ず2ファクタ認証をしておきましょう。

また、Bitfinexは日本語対応していませんので、全て英語や中国語での表記になります。

bitfinexの口座開設はこちら

XDCは取り扱っていませんが、日本語対応で多くの銘柄を取り扱っているのはBinanceです。

こちらは世界最大の取引所であり、信頼性も高いです。最近話題のDOGEコイン、IOSTなども取り扱っているので口座開設しておくと良いでしょう。

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

心理学や脳科学を駆使し独自の手法を開発後、ブラック企業から脱サラし莫大な利益を稼ぐFXトレーダーに!教育活動にも力を入れており数多くのプロトレーダーを輩出している。ツイッターでは高精度なドル円・ポンド円予測や超有料級の情報を発信中!

⇒為替王Twitter

-仮想通貨

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5