MT5

【裏技】MT5 ストップレベル設定をin priceからin pointに変える事で発注が簡単になる裏技

MT5のストップレベル設定とは

MT5上部にあるツール→オプション→取引設定では発注時の設定を行うことが出来るのですが、その中にストップレベルという設定があります。

このストップレベルというのは、新規発注をする際に、ストップロス、テイクプロフィットの設定で、デフォルトでは値段表示ですが、ポイント表示で設定をすることが出来ます。

mt5,ストップレベル,ツール,設定,意味,違い,in prices,in points,

デフォルトではストップレベルがin pricesになっています。その状態の発注画面は以下になります。

mt5,ストップレベル,ツール,設定,意味,違い,in prices,in points,

ストップロスの値を変更したときに、現在の値段から設定されており、正確な値段を指定することが出来ます。

mt5,ストップレベル,ツール,設定,意味,違い,in prices,in points,

それではIn Pointsに切り替えてみましょう。

mt5,ストップレベル,ツール,設定,意味,違い,in prices,in points,

このように、新規発注時の値段ではなく、ポイント数で数値を入力することが出来ます。

ポイントとは0.001が1ポイントとなりますから、4ピップスで損切の場合は、

ストップロスを40ポイントに設定、20ピップスで利確の場合は200ポイントで設定します。

ストップロスとテイクプロフィットの値を固定している手法を持っている方は多いと思います。

毎回正確な値を入力するときに、値段から値を引いて計算している手間がありますから、これならすぐに設定することが出来て便利ですね!

どちらでも良いと言えば良いですが、試してみる価値はありますね。

 

専業トレーダーが使用しているFX手法はこちら👇

FOREX KINGトレードの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

→為替王Twitter

→インスタグラム

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法


 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-MT5

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5