未分類 海外FX

TariTali(タリタリ)FXの評判を暴く!デメリットも徹底調査

TariTali(タリタリ)とはそもそも何?仕組みを解説。

taritali,タリタリ

TariTali(タリタリ)とはマレーシアに法人を持つ、海外FXキャッシュバックサイトです。今回はTariTaliの評判やデメリットも含め徹底的に調査しました。

ちなみにTariTariではなく、TariTaliが正しく、最後のTaliはRではなくL表記が正式名称となります。

TariTaliの運営者は日本人で、Suzuki Takahiroという方です。

運営会社の住所は

No. 1-3, Jalan Solaris 2, Solaris Mont Kiara,
Kuala Lumpur, Malaysia, 50480

となっており、Googleストリートビューで調べるとレストランや韓国料理店が並ぶ建物が見つかりました。この建物のどこかがオフィスとなっているようです。

タリタリ,taritali

運営者が日本人という事もあり、英語を使用しなくても良い点は安心して利用が出来そうです。

タリタリの仕組みは、タリタリのサイトから海外FXの口座開設をする事で、取引をする度にキャッシュバックされます。

何故このような事が可能なのかと言うと、海外FX口座にはIB(Introducing Broker)という、アフィリエイトの仕組みがあり、海外FX口座のアフィリエイトリンクから口座開設を行った顧客が、取引をする度に海外FX業者から報酬が支払われる仕組みです。

XMを例に例えます。XMのアフィリエイトでは取引量に応じてアフィリエイト報酬が上がります。最大の報酬率が1ロット(10万通貨)につき10ドル支払われます。つまり、顧客が1ロット(5分以内の決済は除く)を取引すると、その度に10ドルが支払われます。これはXMのスプレッドが手数料となりXM側に利益があるからこそ出来る事です。

これを知った人は自己アフィリエイトをしてXMで取引をすればさらにお得と思うかもしれませんが、そのような行為は禁止されており、最悪口座凍結となります。そこで、タリタリ側がその仲介をし、1ロット10ドルの報酬の中から登録した顧客に1ロット9ドルの報酬を支払うことで、タリタリ側は差し引き1ドルの利益を得られるという事です。しかし、そこからさらにアフィリエイターに10%収益を支払うので、そうすると利益は0.9ドルです。こうなると殆ど利益が出ないので、推測ですが海外FX会社側からもう少し利益を受け取っているのではと推測出来ます。

顧客にとっては本来もらえないはずのお金が取引をする度に入ってくることになるので、普通に口座開設をするよりもかなりお得になるという事です。

タリタリの管理画面にこのようにキャッシュバックされます👇

タリタリ,taritari,taritali,fx
タリタリの口座開設はこちら👇
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TariTali(タリタリ)の通常キャッシュバック口座とオートリベート口座の違い

タリタリを使用するにあたって、各海外FX業者によってルールが異なります。

一番キャッシュバック率の高いXMを例に挙げます。

キャッシュバック口座は通常とオートリベートの2種類です。通常であれば取引をする度にTariTaliの口座内にキャッシュバックが反映されます。

オートリベートはキャッシュバックがXMのMywalletに直接振り込まれる仕組みです。

オートリベートの方が還元率は高いですが、Mywalletから銀行口座に出金すると、bitwalletからの出金が出来ず、国際電信送金での出金ですので、手数料が数千円かかってしまいます。

しかし、Mywalletから取引口座(MT4やMT5)への移動に手数料はかからないので、キャッシュバックをそのまま取引に使うという場合であればオートリベートの方がおすすめです。

通常キャッシュバックは国内銀行振り込み、bitwallet、SticPay、海外銀行送金で手数料無料で出金が出来るので、どちらが良いか考えておきましょう。

長期的に考えればオートリベートの方がお得だと思います。

XMのキャッシュバック還元率↓

通常キャッシュバック口座(1lotあたりのキャッシュバック率)
スタンダード口座(STP)8.5USD
マイクロ口座(STP)8.5USD
ZERO口座(ECN)4.25USD
オートリベート口座(1lotあたりのキャッシュバック率)
スタンダード口座(STP)9USD
マイクロ口座(STP)9USD
ZERO口座(ECN)4.5USD

GEMFOREXのキャッシュバック還元率(1ロットあたり)

オールインワン口座0.8pips
ノースプレッド口座0.08pips。

TitanFXのキャッシュバック還元率(1ロットあたり)

スタンダード口座(STP)4.675USD(0.4675pips)
ブレード口座(ECN)1.4025USD(168円)

TitanFXのTariTali口座開設者は、2021年9月1日から先着300名様に1万円分のカタログギフトがもらえるキャンペーン中です。

口座開設後、2ロット以上または20ポジション以上取引すると、対象者にはTariTaliからメールが送られてきます。

AXIORYのキャッシュバック還元率(1ロットあたり)

MT4スタンダード口座4.5USD
MT4なのスプレッド・MT5テラ口座1.8USD
CTraderスタンダード口座2.25USD
CTraderなのスプレッド・テラ口座0.9USD
MT5アルファ口座(株式投資)なし

Tradeviewのキャッシュバック還元率(1ロットあたり)

通常キャッシュバック口座
MT4/MT5 X Leverage8.5USD
MT4/MT5 ILC2.12USD
Currenex2.55USD
CTrader2.125USD
低手数料口座(手数料から金額分を差し引くためキャッシュバックは発生しません)※
MT4/MT5 X Leverageスプレッドから1Pips減額
MT4/MT5 ILC取引手数料から2.5USD減額
Currenex取引手数料から3USD減額
CTrader取引手数料から2.5USD減額

※Tradeviewの低手数料口座は登録後に入金し、申請が必要です。

おすすめはハイレバレッジでのトレードが多い方はXMのスタンダード口座です。

レバレッジ888倍で1ロットにつき9USDはかなりお得になります。

既に海外FXをやっていた人の中には、タリタリを使用していなかったがために、何十万も手数料で損をしていた人も多いでしょう。海外FXを使用する人であれば必須と言っても過言ではないので、必ず登録しておきましょう。

タリタリの口座開設はこちら👇
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TariTali(タリタリ)のデメリット1.入金ボーナスが貰えない

XMの場合は通常、口座開設ボーナス3000円と入金ボーナスがあります。

この入金ボーナスは5万円まで100%、それ以降は20%までで、合計50万円分のボーナスを受け取る事が可能です。

つまり、合計で205万円入金する場合には50万円ボーナスとして貰えます。

タリタリのキャッシュバックで年間50万円ほど受け取るには、月50ロット×12カ月の取引が必要です。

逆に月5ロットであれば年間5万円程のキャッシュバックが貰えるとイメージしていただければ分かりやすいと思います。

 

裏技として、一回目はTariTaliを使用せずにXMの口座開設をし、口座開設ボーナスと入金ボーナスを受け取って取引を行う。

入金ボーナスを全て使い切った時にTariTaliに紐づけた追加口座をXMで開設すれば、二重に旨味を得て取引が出来ます。

XMでは入金100%ボーナスが1年に1回程度、お年玉ボーナス等で復活する事があるので、もし復活したら再度そちらに入金して取引をする事も出来ます。

このように使い分けることも出来ますが、基本的に取引量が多い人はタリタリで取引した方がお得になる場合がほとんどです。

TariTali(タリタリ)のデメリット2.キャッシュバックされない取引がある

タリタリに紐づけた口座であってもXMポイントはもらえます。ただ、XMポイントを使用した取引はキャッシュバックの対象にはなりません。

また、5分以内の決済だとタリタリ側にも利益が入らないため、当然キャッシュバックの対象外になります。スキャルピングを多用してキャッシュバックを稼ぐという事は5分以上保有していれば可能です。

タリタリのホームページにはありませんが、両建ても通常通りのキャッシュバックが貰えます。つまり、両建てをしてキャッシュバックを稼ぎながらレンジ相場で細かく取引をする手法なども、5分以上保有した後であれば可能という事です。

TariTali(タリタリ)のデメリット3.キャッシュバックには税金がかかる

タリタリのキャッシュバックは一時所得となります。

一時所得は生命保険の一時金や競馬や懸賞等の所得で、1年間に合計50万円を超えると税金がかかってきます。また、オートリベートだとドルでMywalletに直接振り込まれるため、ドルで利益を受け取った事になります。

こうなると、キャッシュバックが発生した時のドル円レートの終値を見て、その日の日本円でいくらのキャッシュバックを受け取ったか計算をしなければいけません。税金の計算が面倒な人は日本円で振り込まれる通常キャッシュバック口座を開設すると良いでしょう。また、年間のキャッシュバックが50万円を超えても基礎控除48万円があるため基本的に余程大きな金額にならなければ一時所得単体として税金がかかるという事はありません。

まとめると、キャッシュバック等の一時所得で年間50万円を超えたら確定申告が必要であり、その場合は他の海外FXの利益や給与所得と合わせたものから税金が発生する事になる点には注意しましょう。もちろん損失が出ている場合はキャッシュバックと相殺することができますので、トータルでマイナスの方は税金はかかりません。

ちなみに海外FXのボーナスは出金できないものですので課税されません。ボーナスの方がそういった面倒な事を考えずに済むというメリットはあります。ただ、キャッシュバックで年間50万円を受け取る人は年間600ロット(6千万通貨)程度取引する人になるため、そこまで取引する人でなければ、殆どの人は税金がかからないと考えて良いでしょう。

どんな人にTariTali(タリタリ)をお勧めできるか

やはりタリタリをオススメ出来るのは5分以上のスキャルピングやEA等、何度も取引を繰り返すようなトレードをする場合です。

また、タリタリのキャッシュバックは引き出せるという所も大きいです。

手数料さえなければ勝っていたというトレーダーも多いと思いますので、そういった人にはお勧めできます。

取引量が多い人はタリタリのキャッシュバック還元率の高さに驚くはずです。

今まで手数料だけでこんなに損していたんだ!と思うほどキャッシュバックされます。

タリタリの口座開設はこちら👇

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 

為替王 億トレーダーの神髄

為替王 億トレーダーの神髄

FXプロトレーダー(歴10年以上)ブラック企業を抜け出すために猛勉強→独自手法を開発し専業に!FXや仮想通貨初心者に向けて投資ノウハウや成功法則を発信中!

⇒為替王Twitter

 

FX手法

FX上級者を目指せる最強FX手法

 

時間のないサラリーマンでも出来るFX手法

fx,手法

-未分類, 海外FX

© 2021 海外FX兆者ズ Powered by AFFINGER5