スキャルピングと海外FXの相性は抜群!その理由とオススメの口座について

スキャルピングと海外FXの相性は抜群!その理由とオススメの口座について

海外FXはとても稼ぎやすいことで有名です。特にスキャルピングと相性が良く、一瞬で資金が2倍3倍となることも珍しくありません。

しかし、何故海外FXとスキャルピングの相性が良いのか?その理由を知っておかないとリスクが高すぎるトレードをするだけになってしまう恐れがあります。

また、適切な口座選びができなければ海外FXをお得に使うことが難しいです。

そこで、この記事では海外FXとスキャルピングの相性が良い本質的な理由や注意点、オススメの口座などについて解説していきます。

ハイレバレッジはスキャルピングでこそ活かせる

海外FXの魅力と言えばなんといってもハイレバレッジによる稼ぎやすさです。

そもそも、レバレッジとは何か?という方も多いでしょう。

レバレッジを簡単に解説すると、倍率が高ければ高いほど取引に必要な額が減る仕組みのことを指します。

レバレッジ,

仮にレバレッジが100倍であれば自分の資金を100倍にした扱いでトレードできるということです。

例えば次のような状況だったとしましょう。

・米ドル円のレートが100円

・1万通貨(1ロットの場合レートが1円動けば1万円の増減)購入したい

・手持ちの資金は2万円

この場合、米ドル円を1万通貨購入したいわけですから米ドル円のレート100円×1万=100万円手持ちになければ購入できません。

しかし、レバレッジをかけることができればこの問題は解決します。

現状では2万円しか持っていなくても50倍のレバレッジをかければ100万円に届くので晴れて米ドル円を購入できるようになるのです。

このようにレバレッジが50倍でも十分にトレードができるようになるのですが、海外FXなら400倍以上のレバレッジはかけることができます。

しかし、これには落とし穴があります。

特にハイレバレッジのトレードは事実上スキャルピングにしか向いていないことです。

レバレッジが高いということは、ほんの少しの逆行だけで大ダメージを受けることを意味します。

例えば、先に挙げた米ドル円を1万通貨の例ではレバレッジが50倍でしたが、500倍だったとしましょう。

この場合、たったの2000円を持っているだけでトレードできてしまうのです。

しかし、2000円では20pips逆行するだけで資金がゼロとなります。(正確には強制ロスカットがあるので10pipsと少しで切られます)

スイングトレードや長期投資では20pips程度の逆行は当たり前であり、まず間違いなく負けてしまうのです。

その点、スキャルピングは10pips程度逆行したら損切りしますからなんの問題もありません。

少し難しい話だったかもしれませんが、まとめると次の通りです。

①レバレッジが高ければ少ない資金でトレードできる

②ハイレバレッジの状態では逆行のダメージが大きい

③ハイレバレッジは事実上スキャルピングでのみで有効

ここで勘違いして欲しくない事は、口座のレバレッジが高くてもロット数量を落とす事で損失や利益をコントロールする事が出来ます。ハイレバレッジだから危険という事ではなく、極端に高すぎるロットでの取引にはリスクが伴いやすいという事になります。

スプレッドが厳しいが対処法はある

海外FXはハイレバレッジを活かしたスキャルピングで稼ぎやすいと述べましたが、実はスキャルピングを妨げる大敵が存在します。

それがスプレッド(事実上の参加費)です。

国内口座は主要通貨ペアのスプレッドが1pips未満であることが当たり前なのに対して海外口座は2pips以上求められるのが当たり前なのが現状と言えます。

先に挙げたようにハイレバレッジの場合は少しの逆行が大ダメージに繋がるのでスプレッドの支払いはかなり痛いのです。

しかし、対処法はあります。

それは、利益確定も損切りラインも伸ばすことです。極力デイトレード寄りのスキャルピングにすると言っても良いでしょう。

トレードの利益確定ラインを伸ばせば相対的にスプレッドの負担は小さくなるのである程度問題を解消することが可能です。

具体的には利益確定を25pips程度、損切りを12pips程度にすると良いでしょう。

このようにデイトレード寄りにするならば値動きの大きな通貨ペアを選ぶことが大切となります。

そこで、英ポンド米ドル・英ポンド円などポンド系のペアを選択するのが望ましいです。

これらの通貨ペアはとても値動きが荒いことで有名なので大きく稼ぐ事が期待できます。

海外FXでスキャルピングをする場合にオススメの口座

海外FXでスキャルピングをする場合に有利な要素を総合すると次の3つが挙げられます。

①ハイレバレッジ

②ポンド系の通貨ペアのスプレッドが狭い

③安全性がある

この3つを満たしている海外FX口座はFBSです。

この口座は最大3000倍のレバレッジをかけることができる上に英ポンド米ドルのスプレッドは0.9pipsと国内口座の平均よりも狭いです。

海外FXのスプレッドは変動制なので参考値と考えるのが妥当ですが、実際にFBSを使っている筆者の感覚ではそこまで開くことは多くありません。

流石に早朝や経済指標発表時には開きますが、それはどの口座・通貨ペアも同じことです。

そして、安全性も高いのが魅力的と言えます。

FBSはゼロカット制度を導入しており、口座残高がマイナスになるようなダメージを受けたとしても翌日には補填されるので万一の場合にも安心です。

口座の信頼性という意味でも安全性が高く、取得が大変な上に口座が厳しく監視される金融ライセンスを持っているので国内口座並みのセキュリティがあります。

また、信託保全によってFBSに万一のことがあっても顧客の資金は全て補填されるのです。

従って、海外FXでスキャルピングをするならFBSを選択肢の一つに入れても良いでしょう。

XM,zero,

スキャルピング用の口座であるXMもおすすめの口座です。

レバレッジは500倍と低くはなりますが、安心の日本語サポートや約定力の高さから使用する人も多いです。スタンダード口座と違いボーナスなどはありませんが、持っていて損はない口座と言えます。

XMZEROの公式ページ

スキャルピングは禁止行為という噂が流れているが

海外FXではスキャルピングが禁止されているという噂が流れていますが、これは気にする必要はないでしょう。特にスキャルピングを推奨している口座であれば全く問題ありません。

GemForexなど一部の証券会社ではスキャルピングに制限がある場合もあるので、しっかりと利用する前に調べておきましょう。

結局必要なのはトレーダーとしてのスキル

ここまでで海外FXとスキャルピングの相性の良さについて述べました。海外FXならハイレバレッジによって短時間でかなりの額を稼ぐことができるのは間違いありません。

しかし、誰にでもできるという訳ではなくトレードの腕が必要です。このため、日々勝てる方法を探さなければならないのです。

あくまでも今回紹介したのはスキャルピングを有利に進めるだけのものであり、結局はスキルが必要となります。

まとめ

今回は海外FXのスキャルピングについて解説しました。

ハイレバレッジを活かせる事がスキャルピングの強みです。レバレッジに頼らなければいつまでたっても資金を増やせないので意外にも初心者こそ取り組むべきトレード方法かもしれません。

スキャルピングの大敵であるスプレッドの負担を軽減するためには値動きの大きな英ポンド系の通貨ペアを使いましょう。

数ある海外FX口座の中でも英ポンド米ドルのスプレッドが狭いFBSはおすすめできます。

また、スキャルピングは禁止行為ではないかと言われていますが、FBSでは特別規制が設けられている訳でもありませんので問題ありません。