海外FXの始め方を学ぶなら、為替王・億トレーダーの神髄へ。海外FXを始める前に知っておくべき事やリスクを徹底解説!

海外FXの始め方を学ぶなら、為替王・億トレーダーの神髄へ。海外FXを始める前に知っておくべき事やリスク。

FX歴7年、プロトレーダーの為替王です。

今回は海外FXで億を稼ぐための最短ルートをお話しします。

「とにかく速く稼げるようになりたい!」そんなあなたはちょっと待って下さい。

あなたが海外FXを始めようと思ったきっかけは「レバレッジ規制が緩く稼ぎやすい!」とか、「海外FX業者を使用しているトレーダーを見て私も使ってみたい!」などでしょう。

確かに私の使用しているXMでは最大レバレッジが888倍もあります。国内口座の25倍と比べたら凄まじい破壊力です。

しかし、それだけリスクも大きくなるという事を理解しているでしょうか。

海外FXは大きく稼ぐ事も出来れば大損する危険もあります。

私自身も稼げるようになるまでに何百万円もの大損を経験しました。

あなたには私と同じ失敗をして欲しくないですから、まずはしっかりとした知識を身に付けてから始めていきましょう。

海外FXのメリット、デメリット

メリット

  • レバレッジ規制が緩い
  • ボーナスやポイントが豊富
  • MT4、MT5が使える
  • ゼロカットシステムにより追証の心配がない

デメリット

  • 大損する可能性は高くなる
  • 損失の繰り越しが出来ない
  • 雑所得扱いのため税金は高い

デメリットを上回るメリットとは

まず、大損する可能性を回避するためには正しいトレード方法を身に付けましょう。ギャンブルトレードをせずに、しっかりと勝てる部分に絞ってトレードを行い、リスクを最小限に抑える事が大切です。

また、税制面では確かに国内FXには劣るものの、一気に資産を増やしたい場合はそれだけの税金は必要経費として仕方ないと割り切るしかありません。

国内口座のレバレッジ25倍ではよっぽど資金がある人でなければ、資産を大きく増やす事は厳しいのが現実です。

結局の所、海外FXを使いこなせるかどうかは使用者自身の技量によるところが大きいという事です。

そこさえ分かっていれば海外FXがあなたにとって強い味方になってくれる事でしょう。

まずは税金の不安を取り除こう

海外FXを始める前に、税金がどうなっているのか不安な方もいるでしょう。

しかし、多くの人は税金について詳しくなかったり、どんな決まりがあるかも分からないと思います。

しかも、国内のFXと海外の税金は、課税方法が違います。

これは税務署の職員でもよく分かっていない事ですので、しっかりと自分で知識を入れておく必要があります。

それでは国内のFXと海外のFXを比較し、税金・確定申告について見ていきましょう。

税金を支払う基準は?

FXの取引をしており、利益が出ている場合は確定申告が必要です。

その基準は以下の通りになります。

  • 給与所得者(サラリーマンやパート・アルバイト)→20万円から
  • それ以外(自営業者や学生、無職)→38万円から

特に給与所得者の場合はたった20万円稼いだだけで申告の必要があります。

副業禁止のサラリーマンが20万円以上稼いだ場合、副業がバレてしまう可能性もあります。

ただし、損した場合は申告の必要はありません。

例えば、20万円稼いだけど10万円失った場合、差し引き10万円の利益になるので不要です。

国内FX口座の税金

国内FXで上げた利益は申告分離課税といい、一律で税率20.315%(所得税15%+復興特別所得税〈15%×2.1%=0.315%〉+地方税5%)となります。

ですから、国内FXの場合はどれだけ稼いでも同じ割合という事になります。

また、損失の繰り越し控除が3年間使えます。

これは例えば1年目に100万円の損失が出た場合、確定申告をしておけば翌年もし10万円の利益が出た場合、100万円-10万円で-90万円として確定申告をします。

その翌年利益が30万円だった場合、今度は90万円-30万円で-60万円。

その更に翌年利益が60万円だった場合、60万円-60万円=0円。

こうする事で結果的にこの場合は課税対象の利益が相殺されたため税金は払わなくても良いという事になります。

海外FXの税金

海外FXの税金は累進課税であり、損益通算が不可能であり、「雑所得」扱いとなります。

累進課税のため利益の額によって税率が変わります。

海外,FX,税金,脱税,節税,確定申告

利益が330万円以下の場合、国内FXと同じか、低い税金で済みます。

それ以上稼ぐ場合は国内FXの方が税制面ではお得ですが、レバレッジ25倍ではよっぽど元手が無い限り効率よく稼ぐ事は出来ません。

海外FXや税金に対する勘違い

海外FXの税金でよくある勘違いは、儲かった利益に対して課税され、損した分は利益と合算出来ないという考え方です。

例えば、海外FXで100万円の利益が出たとします。

その利益を出金し、また入金して取引をした所、100万円の損失になり、トータルでトントンになりました。

この場合、稼いだ100万円に対して税金がかかると勘違いしてしまい、税金だけ取られると思っている方もいるようです。

ですが、実際は1月1日から12月31日までの期間の利益から損失を差し引いたものに課税されるので、その結果トントンであれば税金は払わなくても良いという事になります。

ただし、もし税務調査が入った場合などのために海外FXの取引履歴等をプリントしておき、税金を払う必要が無いことをしっかりと証明しておくと更に安全です。

FXで経費を計上して節税する方法!

個人事業主や、会社を経営している方なら分かると思いますが、所得税は、「一年間に得た利益から必要経費を引いた金額」に対して支払うことになります。

経費とは売り上げを上げるために直接かかった費用の事です。

例えばFXをするために買ったPC、インターネット料金、FXの勉強に使った本や教材、セミナー代金などです。この経費が多ければその分税金を払わなくても済むという事です。

ただし証明のためにしっかりとレシートを保存しておきましょう。(領収書よりレシートの方が証拠としての信頼性が高いため)

また、海外FXの手数料も経費です。ただ、これは損益の中に含んで計算してしまうと思いますので、気にする必要はありません。

ここまでで税金に関してまだ不安がある方は、お近くの税務署に電話で問い合わせてみると大抵の質問には答えてくれます。

口座開設の極意

正直言って海外FX業者は多少の特徴の違いはありますが、実際の所そこまで大きな違いはありません。

私自信も色々な証券会社を使用してきましたが、結局は会社の信頼性や、トレードするのにストレスがかからない事が重要だと気付きました。

例えばスプレッドや手数料でいくら比較をしても、大手はどこもそこまで大きな差はありません。あったとしてもスプレッドが広い分ボーナスやポイントで還元していたりします。

あまりに好条件な業者を探すとマイナーな業者にあたります。そうなるとサポート対応がしっかりとしていなかったり、突然トラブルが起きた時に困ることになります。

やはり、大事な資金を入れる口座ですから、信頼できる会社を選ぶことが最重要です。

XMは日本人で使用している人が一番多いと言われていて非常にお勧めできます。

この会社はキプロスというイギリス領タックスヘイブンに所在する世界的に有名な会社です。

世界数十か国以上の政府から金融ライセンスを取得している信頼できるFX会社です。

XM 口座 タイプ

最大レバレッジが888倍である事と、ボーナスによる恩恵が受けられるという事が大きいです。

借金にならないゼロカットシステムで投資家保護の役割がある事や、日本語サポートの対応がかなり丁寧で返信も早いので安心できます。

サポート対応が悪い業者は絶対に選ぶべきではないです。取引の透明性や様々なトレードスタイルにも対応出来るため、右に出る者はいないでしょう。

また、XMはAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険に加入していますから、XMが仮に倒産してしまった場合でも、最大1億円までは戻ってくるという事も安心できるポイントです。

口座開設はこちら

口座開設方法

XMの魅力的なボーナスやポイントについて!

それではXMのボーナスやポイントについて理解しておきましょう。

ポイント1:XMにはボーナスが3種類ある

XMにはボーナスが3種類あります。ただし、スプレッドが狭いXM Zero口座では口座開設ボーナス3,000円のみの適用になります。

マイクロ口座とスタンダード口座はスプレッドが広い分、手厚いボーナスの恩恵があります。

「開設ボーナス」 → 3,000円

「入金ボーナス」→ 500ドルまで100%ボーナスが適用、4,500ドルまで20%ボーナス

「ロイヤルティプログラム → 取引量に応じてXMポイントを獲得、XMポイントはボーナスとして扱うことができる

入金100%ボーナスは、仮に4万円入金すると、ボーナスとして100%にあたる4万円がクレジットに加算されます。

クレジット自体は出金することができませんが、有効証拠金は2倍になるので、合計8万円で取引できるという事です。

累積で500ドル以上の入金になると20%ボーナスが適用されます。

しかし、過去の状況を振り返ってみると、100%ボーナスは定期的にリセットされますので、500ドル以上入金していたとしても、しばらくするとまた入金100%ボーナスの対象となるのです。

何度も手厚いボーナスが貰える点はとても魅力的と言えるでしょう。

ポイント2:ロイヤルティプログラムは取り引き日数でランクが上がる

Executive(エグゼクティブ)のステータスから始まるロイヤルティプログラムですが、口座開設からの期間ではなく、あくまでも取り引きをした日数でステータスが上がってきます。

30日間でGold(ゴールド)、さらに30日間でDiamond(ダイヤモンド)、さらに40日間で最上級のElite(エリート)になれます。

ステータスによって10万通貨での取り引き時(往復)の加算されるXMポイントは次の通りです。

  1. Executive 10XMポイント
  2. Gold 13XMポイント
  3. Diamond  16XMポイント
  4. Elite  20XMポイント

貯まったXMポイントはクレジット化することができます。「XMポイント÷3」(USD)が加算されるクレジットです。Eliteであれば1回の取り引きで6.6ドルほどのキャッシュバックがあるということです。

これは利益が出ようが、損失が出ようが加算されますので、1Lot(10万通貨)で0.66pipsのコスト削減にあたります。

FXの手数料といえるスプレッドを0.66pips分狭くすることと同じです。

例えばドル円のスタンダード口座では、平均スプレッド1.6pips → 1.6 – 0.66 = 0.94pips で取り引きしたことになります。

ちなみにXMポイントは、テータスがDiamond以上に限り出金可能ですが、「XMポイント÷40」(USD)という換金率ですので、クレジット化して有効証拠金を増やすことに役立てた方が効果的です。

一定期間取り引きしない日が続くと、ステータスがExecutiveに戻され、さらにXMポイントを消失してしまうことになります。

最小単位(1Lot千通貨で0.01Lot)でも構わないので定期的に取り引きを継続していくと良いでしょう。

ポイント3:クレジットは使い方によって消滅する

ボーナスによって付与されたクレジットは有効証拠金を増やし、より多くのポジションを保有して利益を出すために有効利用できます。ただし、せっかく貯めたクレジットですが、

「口座から現金を出金すると、残高の割合に応じてクレジットは消滅する」というルールがあります。

例)残高20万円、クレジット8万円 → 10万円を出金すると残高が50%になるため、クレジットも50%分の4万円が消滅する。

出金する以上はどうしてもクレジットが消滅してしまうことが避けられません。

XMの別の口座に残高を移動させる場合は消滅せずその分移動します。

例)マイクロ口座の残高10万円、クレジット5万円 → 残高をすべてスタンダード口座に移すとクレジットもすべて移動になります。残高5万円を移動した場合はクレジットは50%の2.5万円が移動するという事です。

ここで知っておくべき事は、「クレジットだけの移動はできない」という事と、

「XM Zero口座に移動させると、クレジットは移動できなくなりそのまま消滅する」ということです。(XM Zeroはボーナスが無いため)

XMの3つの口座タイプ!選ぶならスタンダードかゼロ!

XMには3つの口座タイプがあり、どのようなトレードをするかによって使い分けるのがベストでしょう。

初めはスタンダードで良いと思いますが、スプレッドが気になる人はZEROで良いでしょう。

XM,口座タイプ,海外口座,比較,初心者,FX,海外口座,評判,

マイクロ

こちらは小額投資のための口座と言えます。1ロットが1000通貨なので、最低0.01ロット、10通貨からの取引が可能です。

初めて実際のお金で取引するのは不安だと思いますので、まずは少ない資金からトレードをしていき、徐々に慣れていきたい方にお勧めです。

しかし、私はマイクロ口座を作る意味はあまり無いと思っています。

それはマイクロとスタンダードはほぼ同じでマイクロは取引量の制限がかかっていると思っていただければ分かりやすいです

初心者の方でマイクロ口座を考えているのなら、スタンダード口座で0.01ロット(1000通貨)単位で取引するのがお勧めです。マイクロではやはり海外口座の旨味が味わえません。

スタンダード

初心者の方にはこちらがおすすめです。

レバレッジの低いマイクロ口座を作っても、結局スタンダードに乗り換えることになるので、初めての方はスタンダードがおすすめです

また、国内口座からの乗り換えを考えている方にもお勧めです。1ロットは10万通貨であり、1回の注文で最大50ロットまで持てるので、ざっくり稼ぎたいという方にお勧めです。

スプレッドもマイクロと変わらず、豊富なキャンペーンボーナスがもらえるので、資金が少ないうちはお得に取引が出来ます。迷ったらまずスタンダード口座にすれば問題ないでしょう。

ZERO

こちらは短期トレーダー向けの口座です。ECN方式を利用しており、高い約定力、極狭のスプレッドで取引ができます。

取引環境を重視したい方や、スキャルピングを行いたい方に向いています。少々手数料は高めですが、それ以外は最強と言えるほどの取引環境が得られます。

取引した時のサクサク感は感動ものです。注文した瞬間に約定してくれます。

雇用統計など、スプレッドが広くなる場面でも活躍してくれます。

口座開設はこちら

口座開設方法

海外FX初心者が気を付けるべき大きなリスクとは

それでは基本的なルールが分かったと思います。しかし、口座を作ったからと言って安心してはいけません。海外FXを始める前にこれだけは知っておいた方が良い事や気を付けるべき事をお話しします。

海外FXを始めた人の中には大きく分けて2パターンの人がいると思います。

  • 国内FXから乗り換えた人
  • 最初から海外FXを始めた人

どちらのパターンの人もしっかりと理解して欲しい内容です。

海外FX,初心者,

国内FXから乗り換えた人が注意するべき点

まず海外FXに乗り換えた人は国内FXのレバレッジが25倍である点に不満を持っていた人が大半でしょう。

国内FXで中々稼げずに「海外FXなら勝ちやすいのではないか」と思った人も多いでしょう。

そんな人は要注意です。

ハイレバレッジは諸刃の剣!一瞬で口座が溶ける危険性あり!

レバレッジが高い事により少額でも大きな利益が得られる点や、ゼロカットシステムがあり追証にならない仕組みがある事は素晴らしいメリットです。

しかし、世の中そんなにうまい話ばかりではありません。メリットがあればデメリットもあります。

これはあるあるなのですが、XMのスタンダード口座は最大レバレッジが888倍なので、ロットを目一杯まで上げてしまうと、値動きが激しければちょっとした下落だけで強制ロスカットになってしまいます。

エントリーしたと思ったらすぐに「ポジションが無い!」という可能性もあります。

行き過ぎたロット数は一瞬で口座資金を溶かす可能性がある点に注意しましょう。

MT5のワンクリックトレードを間違って押さないこと

国内証券会社であれば注文する時に毎回確認ボタンを押します。

しかし、MT5のワンクリックトレーディングをオンにしていると、注文の確認を省略出来るため、特にスマホでは間違ってエントリーしてしまうという事もあります。

慣れれば便利な機能ですが、初めのうちは誤発注に気を付けましょう。

最初から大きな資金を突っ込まないこと

これは当たり前ですが、ある程度慣れるまではデモトレードで練習したり、少額の資金で実際に試してみた方が良いでしょう。

MT5の注文方法や各種設定方法を理解していないと、万が一の時に対応できませんし、ただでさえハイレバレッジなトレードですから、徐々に大金を動かせるように慣れていく必要があります。

もしポジションを持って心拍数が上がるようでしたら、ロットを下げたり投資資金を減らした方が良いでしょう。余裕資金でやるという事は投資の原則です。

証券会社の禁止行為を知っておく事

海外FXでは禁止されている取引があります。

XMなど有名な会社であれば余程の事が無い限り口座凍結までされないとは思いますが、マイナーな取引所ではスキャルピング等を禁止している所もあるかもしれません。

例としてXMの禁止行為を挙げると

  • 複数の口座を使った両建て
  • 複数業者を使った両建て
  • チームで共謀しての両建て
  • 同じ価値を持つ商品の価格の歪を利用した裁定取引(アービトラージ)人工知能やEAによるものも含む
  • サーバーを不正に遅らせたりエラーを利用した不正行為
  • 窓だけを狙った取引

このように普通とは違った取引を考えている場合は、一度XMのサポートに取引をしても良いか確認してみると良いでしょう。

最初から海外FXを始めた人はラッキー!

国内FXを始めても多くの人は海外FXに乗り換える事になります。

FXで大きく稼ぐための最短ルートを歩んでいます。

ビギナーズラックに注意!

FXは適当にやっても勝てるときは勝てます。

しかし、明確な根拠が無ければたまたま勝っているだけで、いつか大損することになります。

最初に勝ててしまった人は「私天才かも!FXなんて楽勝だね!」と思ってしまうかもしれません。

投資をやった経験が無ければ、簡単に画面内で実際のお金が増えていく事を目の当たりにしますから、現実での仕事の効率の悪さと比較してしまうかもしれません。

現実世界で一カ月で稼げる金額程度は、指一本で稼げてしまうのです。そこで調子に乗ってしまうと逆にその分大きく損をする可能性があります。

自己流でたまたま勝てたとしても、そこで大きな資金を突っ込まないように注意しましょう。

損切注文を入れておく

FX初心者によく言われる事は損切りをしっかりと行う事です。

しかし、ただ損切ばかりしていても利益は出ませんし、どこに損切を設定するかもとても重要な事です。

それなのにも関わらず、初心者向けの本などではたった一言、「損切は絶対に入れておきましょう」その言葉で片付けられてしまうのです。

ただ損切をすれば良いと言う訳でもなく、根拠もなく損切をするくらいならしない方がマシです。

流石にどこでどのように損切を設定したら良いかは無料では話せませんが、FXで大切な損小利大の考え方は忘れない事です。

利益は大きく、損失は少なく

これが損小利大の考え方です。利益は出来る限り伸ばし、損失は最小限で抑えれば最終的にプラス収支になります。

しかし、だからと言って含み益が出てからずっと伸ばし続ければ良いという訳でもなく、どこかで利益確定をする必要があります。

そういった細かいノウハウについてはしっかりと勉強を積み重ね、しっかりとした手法を身に付けてルール通りに売買する事が必要です。

FXで大切なのは安く買って高く売る事です。

どこが安い時なのか、どこが高い時なのか、そこを見極める事がFXで稼ぐための最重要ポイントです。

それが分からずに適当にやっていてはトレードの最中に迷ってしまいますし、大金を動かすのに冷静な判断が出来なくなってしまいます。

ある程度は経験して身に付くものもありますが、初心者のうちからしっかりとした手法を学ぶ事が出来れば、稼げるようになるまでの時間を短縮できます。

私が販売している手法をしっかりと学び、どのようにしたら稼げるのか、しっかりと学んで下さい。

そうすれば最短で稼ぐための知識を身に付けることが出来ます。

多くの人は自己流でやって大損していく世界です。

絶対に勉強不足で大損する事が無いように、先人の教えを守る事が投資において勝つための秘訣と言えるでしょう。

初心者におすすめの手法です。やる気のある方はぜひ学んでください。

MT5のプラットフォームを使いこなすべし!

国内FX口座では専用のプラットフォームにより取引を行いましたが、海外FXであればMT4もしくは最新のMT5で取引を行う事が一般的であり、世界中のトレーダーが愛用しています。

このMT5の優れている所は、取引の自由度が非常に高く信頼度が高い事です。

数多くの通貨ペアに対応しており、豊富な分析ツールや100種類以上のインジケーターがデフォルトで使える事もお得です。

さらにインターネット上にあるインジケーターを取り込んだり、EAなどを使用する事も出来ます。

注文方法もOCO注文(利確と損切の同時発注)や利益を伸ばせるトレーリングストップ機能ももちろんあります。

スマホでもMT5アプリはとても使いやすく取引を円滑に進める事が出来ます。

上級者を目指すなら両方使いこなすべし!

【完全網羅】スマホ版MT5の使い方徹底解説マニュアル

MT5の使い方と初期設定方法を解説! 取り引き口座を作ったらスマホアプリのMT5を使いましょう。初期設定をしっかりと行う事で取引もスムーズ...

【完全網羅】PC版MT5の使い方徹底解説マニュアル

MT5の使い方、初期設定から注文方法を知ろう 今回はPCでのMT5の使い方を解説します。インストールから初期設定、注文方法まで解説していき...

FXの基礎知識を見直す

FXの基礎知識が無ければ国内FXだろうと海外FXだろうと勝ち続ける事は出来ません。

初心者の方やもう一度基礎知識から学びなおしたい人はこちらをおさらいしましょう。

FXのロウソク足とは?見方と使い方を解説。 ロウソク足は実際にMT5を起動してチャートを見ると出てくると思います。 まずロウソク足に...
PC版トレンドラインを引こう それでは、チャート分析の基本である、トレンドラインの引き方についてみていきましょう。 このラインを引く...
Pipsとは Pips=Percentage in Pointsの略であり、あるポイントでの1パーセントという意味です。 よくFXト...
【MT5】トレーリングストップの使い方完全版。スマホでは使えない時の対処法 今回はMT5でのトレーリングストップの使い方を解説します。 ...
ダウ理論 ダウ理論とはチャールズ・ヘンリー・ダウ氏というアメリカ合衆国のジャーナリスト・証券アナリストが提唱した理論です。 私自身は...

次の記事

MT5の使い方と初期設定方法を解説! 取り引き口座を作ったらスマホアプリのMT5を使いましょう。初期設定をしっかりと行う事で取引もスムーズ...