【スマホ版】MT5の設定方法、オススメの初期設定。

MT5の初期設定方法を解説!

スマホアプリのMT5ですが、初期設定をしっかりと行う事で取引もスムーズに行うことが出来ます。今回はオススメの初期設定と共に、自分に合った設定が出来るようになります。

通貨ペアの整理

左上の鉛筆マークを押す事で、通貨ペアを選択し、一括で削除が出来ます。

見る必要のない通貨ペアは削除しておくと良いでしょう。また、右のバーを長押しする事で通貨ペアを並び替えることが出来ます。

右上の+マークを押し、Forexから通貨ペアを追加できます。

監視しておきたい通貨ペアをまとめておくと良いでしょう。

また、詳細モードを押すとスプレッド、本日の安値と高値を表示させることが出来ます。

詳細モードの方が値段が見やすくなりますね。

チャート画面の設定

MT5,設定,初期設定,

続いて、スマホ画面右下の設定から、チャートの設定をしてみましょう。

MT5,設定,

ここではチャートの種類を変更することが出来ます。

バーチャート、ローソク足、ラインチャートの三種類があります。

MT5,設定,バーチャート,

こちらがバーチャートです。海外で多く使われています。

始値が左の横棒、終値が右の横棒で示されており、先端部分が安値と高値になります。

MT5,設定,ラインチャート,

こちらはラインチャートです。ラインのみで表示させるとトレンドの方向性が分かりやすいですね。時と場合によって使い分けるのも手でしょう。

チャートにボリュームを表示させる

ボリュームとは出来高の事です。期間中にどれだけ取引されたか、相場が活発であるかどうかを判断することが出来ます。証券会社によってこのボリュームは表示されない場合もあります。XMではボリュームの表示の代わりに、ティックボリュームを使います。ティックボリュームはレートの変動回数が値になっており、取引の頻度や勢いが分かります。

MT5,設定,

実際に表示してみましょう。設定→チャートからティックボリュームをオンにします。

MT5,設定,ティックボリューム,

ロウソク足の下にティックボリュームが表示されれば大丈夫です。

ASK(買い気配値)のラインを表示させる

MT5,設定,買い気配値ライン,

設定→チャートから、買い気配値ラインをオンにすると、ASKのラインをチャート上に表示することが出来ます。

通常はBID(売り気配値)でチャート上に値段が表示されるため、こちらをオンにしておくと買いを入れた時の正確な値段が分かります。早朝などスプレッドが広がっている時が一目で分かるため、オンにしておくと良いでしょう。

MT5,設定,ASK、買い気配値,

オンにするとこのような表示になります。スプレッドの開きが分かりやすくなりましたね。

期間区切り線の表示

MT5,設定,期間区切り線,

設定→チャートから期間区切り線をオンにすると、一定期間のラインを表示させることが出来ます。

MT5,設定,期間区切り線,

一時間足では取引日の一日毎に縦の点線が表示されます。各時間足のよってこの期間は変わります。

トレードレベルの設定

MT5,設定,トレードレベル,

設定→チャートからトレードレベルをオンにすると、注文したロット数量、値をチャート上に表示させることが出来ます。

MT5,設定,チャートレベル,

このように注文した値が表示されました。利益確定ラインと損切のラインも表示されます。

また、予約注文なども表示されます。自分がどのように注文したか一目で分かるので、オンにしておくと良いでしょう。

4本値を表示させる

MT5,設定,4本値,

設定→チャートから4本値をオンにすると、チャート上に始値、高値、安値、終値を表示させることが出来ます。デフォルトでは非表示になっていますが、高値や安値を知りたい時にこの順番を覚えておくと一目で分かります。

MT5,設定,4本値,

少し見辛い気もしますので、お好みで表示させてみてください。ちなみに気配値の詳細モードでも安値と高値だけなら表示はされるので、そちらで見ても良いでしょう。

データウィンドウの表示

MT5,設定,データウィンドウ,

設定→チャートからデータウィンドウをオンにすると、インジケーターのパラメータをチャートに表示させることが出来ます。

MT5,設定,データウィンドウ,

十字カーソルをタップし、表示されているインジケーターにカーソルを合わせるとパラメーターが表示されます。画像では移動平均線を表示させています。複数のインジケーターがある場合等、パラメーターの確認を行いたい場合には使えますね。

チャートカラーの変更

設定→チャート→カラーからチャートの色を変更することが出来ます。

スキームを選択すると、緑とブラックの初期色、黒と白のテーマ、カスタムが選択出来ます。

カスタムを選択した場合詳細な色を選択することが出来ます。

個人的には目に優しい緑と黒にしていますが、お好みで分かりやすくカスタマイズしてみましょう。

インジケーターの設定方法はこちら

MT5インジケーターの設定方法 今回はMT5のチャート分析に使うインジケーターの設定方法を解説していきます。 相場分析をする際にイン...

MT5の使い方、取引方法はこちら

MT5の使い方を学ぼう。 それでは自分のリアルアカウント、もしくはデモアカウントにログインできたと思います。 まだMT5をインス...
私の知識や経験が皆様のお役に立てれば幸いです。 スキル販売サイト、「ココナラ」ではオリジナルのFX教材を販売し、大ヒット商品になりました。FXランキング1位を獲得し、多くの方から稼げたとの報告を頂いております。